2018年02月04日

2018年02月03日

きっぷのいい文章

まあ〜〜この読売新聞の書評を読んでいただきたい。

  「藤原氏 ー権力中枢の一族ー 」 評・本郷恵子

  「藤原氏こそ、日本の歴史を動かしてきた主役である」という
  力強い一文から本書は始められる。そしてそれは決して誇張ではない。
  ー中略ー
  私のような日本史研究にたずさわる者にとっては、
  藤原氏なしでは夜も日もあけないくらいだが、
  それだけに「藤原氏」という簡潔にして壮大なタイトルをあげ、
  同氏の全貌を語ろうとする本書の試みは、実に果敢である。
  −中略ー
  日本の全時代・全領域にコミットした一族を
  俯瞰(ふかん)する機会をあたえてくれるという点では得難い成果であろう。
  ぜひ個々の人物や事件への興味も深めていっていただきたい。
  家族が先細りする現代にあって、
  止むことなく展開し、連綿と続く血縁の力をみることは、
  まぶしいような、面はゆいような体験である。

P1020499.JPG
   音楽の三要素は、
   リズム・フレーズ・ハーモニーですが、
   上等の文章にも、
   同じことがいえると思います。
   本郷恵子!彼女の文章は、
   なぜか私の耳に心地よい。
   言葉に勢いがあって、
   それが大胆に登場するので、
   読んでいて、元気が出てくる。
   
   こういう文章を書ける人って、
   うらやましい。
   東大史学科教授の本郷恵子さん。
   彼女の本を
   じっくり読んでみたくって、
   図書館で一冊借りてきました。
   (残念ながら本屋にはなかった)


posted by パッサカリア at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

単焦点レンズ

煩雑なバックをとりあえず隠してくれるので、ボケはありがた〜い。
いつもの写真が少しレベルアップしたようにみせてくれるので、ボケはありがた〜い。

P1020498.JPG
     ・・・・・ということで、
     ボケを活かした写真が撮りたくって、
     この度ついに
     「単焦点レンズ」を購入しました。

     とりあえず、いろいろと撮ってみましたが
     これがなかなか・・・・・
     研究が必要です。
  
  あえて逆光で、おちび4号・初の王子、生後4か月を写す。

IMG_9147.JPG

posted by パッサカリア at 22:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

本・さぶ

  山本周五郎の「さぶ」を読みました。
  男前で職人として技術もある栄二と、不器用でうだつのあがらないさぶ。
  この対照的な二人の青春物語です。
  ある時、
  無実の罪をきせられた英二が、自暴自棄になり、やけを起こし人足寄場に送られていきます。
  そして、苦労をしながら、人として成長していく!というストーリーです。

  この物語を、さぶと英二の男の友情とするならば、素晴らしい〜出来栄えの小説!と思うのですが、
  どうも理解できないのは、英二の妻となった「おすえ」の存在です。

IMG_1268.JPG
   結論をいえば、
   無実の罪をきせたのは「おすえ」で、
   その理由が、
   英二をだれにもとられたくなかった一心だと
   いうのです。
   人足寄場に面会にきた「おすえ」は、
   後ろめたさを感じさせる言動の一つもなく、
   説教めいた励ましまで、
   いけしゃあしゃあとしてしまう。
   そんな「おすえ」が、
   終わりまであと数ページのところで、
   「一生言うつもりはなかったけれど」っと前置きして、真実を涙ながらに英二に伝えるのです。

   ええええ???どうよこんな人(女)。
   女房が、こんなウソつきで、一生隠し通そうとしていただなんて、そんな性悪女、
   男として、即刻三行半をつきつけ、
   さぶと2人で男の友情に生きるっちゅうのが一番おっとこ前だというのに、
   ・・・・・英二と言えば、
   惚れた弱みか、苦労して菩薩様のような心になったというか、すんなり許してしまう。
   今までの男気のあるかっこいい英二はどこへ行ったのだろう?
   山周先生は、
   女性に寛大すぎるちゅーか、なんとも情けない。
   ハッピーエンドはホッとして嬉しいが、
   山本周五郎のさぶ、「おすえ」の登場で白けてしまったのは、私一人だけだろうか?

posted by パッサカリア at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

耳鼻科の薬

IMG_8682.JPG 
     少し風邪気味のところ、
     一週間頑張って声を出しましたら、
     悲惨なことになりました。
     耳鼻科の薬を飲みましたら、
     もっと悲惨になり、眠くって眠くって・・・・

     そこで今朝は、もう薬は飲まないでおこう〜!
     と心に誓ったのに、
     我が家の住人の閻魔大王が、薬を出して
     私の目の前に置き、
     私が飲むまでジーーーッ(ーー)と
     見はっています。
     「ほら、自分の判断で薬をやめたら
     もっと酷くなると袋に書いてあるでショッ」
     と、もっともらしいことを言うのです。

     しょうがないので
     飲んでやるか^^^^^。

posted by パッサカリア at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

カメラワークショップ12

一眼レフカメラを購入して、もう3年ぐらい経つでしょうか?
なかなかイメージ通りには写せなくって、写真って本当に難しいですねえ〜〜。

IMG_1571.JPG
    今日は、キャノンの
    ワークショップに
    参加して、
    「ボケ」について
    勉強してきました。

    ボケかたにも、
    いろいろあって、
    前ボケ・後ろボケ・
    すき間ボケ・玉ボケ・
    などなど・・・・
    他にもいろいろな
    小道具を使って ボケさせる方法も教わりました。
IMG_1518.JPG  
   こちらは
   レンズにビニールを
   かぶせて
   ぼやっと感を
   出す方法です。

   レンズを
   ひっくり返して
   写す方法も
   あるとかで、
   チャレンジして
   みましたが、
   ことごとく、ダメでした。  写真は奥がふか〜〜〜い。
posted by パッサカリア at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

雪の朝

IMG_0945.JPG

   2日にわたって、雪が降ったりやんだりの寒い日、
   我が家の蝋梅が雪に打たれながら、じっと冬に耐えていました。

   今朝、降り積もった雪の間から、
   はにかんだように朝日を浴びている蝋梅を見つけました。
   冷たい夜の闇の中で、必死に朝を待っていた蝋梅が、とってもいじらしく健気に見えました。
posted by パッサカリア at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ハープスイーツコンサート

   三宅百合子さんのハープスイーツコンサートを、熱田区のカフェ「JBC」で開催しました。
   前夜からの雪模様で足元が悪いなか、たくさんの方々がご参加くださいました。

IMG_8994.JPG

   今日のためにお衣装を三着持ってきてくださって
   「黄色とオレンジっぽいピンクとピンク、どれ着ましょうか?」とおっしゃったので、
   早めにいらしたお客様で多数決をとって、「オレンジっぽいピンク」を着ていただくことに。

   いつも三着も持っていらっしゃるの?っと聞きましたら、
   突然の衣装のトラブルや、会場の雰囲気によって、ドレスの色を選ぶんだそうです。
   こっちとら〜〜いつでも黒一色のバックスタイルしか見せなので、
   そんなこと考えたこともなかったけど、ピンの演奏家はそういうところも、気を遣うのね〜〜〜〜。

IMG_9001.JPG

   演奏曲目は、
   パッヘルベルのカノン
   川の流れのように
   ムーン・リバー
   ハープ協奏曲
   慕情
   マイ・ウェイ

   encoreは
   テネシーワルツ

IMG_9018.JPG
    ピアノの生徒のHちゃんとお友達も
    メモ用紙持参で、聴きにきてくれました。
    そして、コンサート終了後、
    三宅さんに、子供らしく質問ぜめ〜〜!
    参考になったかな?

    この可愛いお客様に突然、三宅さん、
    となりのトトロの「さんぽ」を
    演奏してくださった。
    たった二人だけのお客様のための、
    素敵な素敵なコンサート。

    三宅さん、お疲れ様でした。
IMG_9021.JPG
posted by パッサカリア at 20:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

雪の夜


今夜は深々と降るらしい。

P1020494.JPG
posted by パッサカリア at 19:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

どうしてる?端切れ

P1020491.JPG
   洋裁をやっていると、たまっていく端切れ。
   昔は、小豆3粒包めたら、捨てずにいたそうですが、
   そこまではいかなくとも、布はなかなか捨てられません。

   このたび、意を決して「端切れ処分」に着手しました。

P1020490.JPG







   ↑は、一着分は無い半端ニット生地。
   ごくごくシンプルなTシャツにしても
   袖分はないのです。
   そこで、白の無地で袖分を足しました。
   そして、あるだけの布幅で襟を付けました。

   →は、半そで分しかなかったニット生地と、
   襟分しかなかったニット生地を、色合いが似ているので、無理やりドッキング〜!

P1020487.JPG


   そして、究極の端切れ処分〜!お人形のメグちゃんのズボン3点。
   「ばあば、メグちゃんのズボン作ってくれない〜?」と
   コソコソコっとすり寄ってきて、私の耳元で、おちび1号が言ってくれなかったら
   考え付かなかった、人形の洋服。
   これ、端切れ処分にはうってつけ。
   ・・・・でも、
   人形の洋服レベルでは、なかなか減らないなあ〜〜〜我が家の端切れ。
 
posted by パッサカリア at 20:46| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする