2017年06月11日

ピアノの音が戻った日

  通常ピアノの調律は、
  ジメジメの梅雨が明けてから、お願いしているのですが、
  このところ、高音が聴くに堪えない状態になってしまったので、
  いつもお願いしている調律師のNさんに来ていただきました。

P1010766.JPG

  Nさん、「今、調律も、コンピューターでやれる時代になりましたから、
  もう人間の手も耳もいりません。私らはそのうちお払い箱ですよ」
  と言いながら、
  朝から晩まで惜しみなく時間を使って、ピアノに向きあってくださる。

  ひとつひとつハンマーのフェルトを掘り起こしながら、
  目に見えない音の世界を、繊細な感性と根気な作業で、呼び戻す。
  どんなに進歩したコンピューターが出来ても、
  機械になんぞに成し遂げることなど不可能!と、私は頑なに信じています。

  純正律では・・・・古楽器の調律法のキルンベルガーでは・・・・と、
  わざわざ音を作って、その微妙さを聞かせてくれました。
  Nさんと喋ってると、話は止まらない。
  http://www.piano-clinic.net/
posted by パッサカリア at 16:12| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

カメラ一人旅

IMG_6726.JPG  

   いつもは車の私ですが、
   昨日の美術館へは、
   電車で出かけました。

   あいにくの小雨まじりの
   天気です。
   たまには健康のために
   歩きましょう〜〜。

   美術館は、坂の上です。
   ふっと、振りかえると、
   今、乗ってきた
   名鉄三河線が
   ず〜〜と、見えます。
   なんだか、遠くに来て
   しまったような、
   ちょっぴりセンチ気分。

IMG_6711.JPG


IMG_6687.JPG
   美術館の周辺には、
   写真に収めたいオブジェが
   いたるところにありますが、
   残念、あいにくの雨降り。
   美術館は、
   平日の午前中にも関わらず
   すごいひとひとでいっぱい。
   早々に退散して・・・・
   ひとりランチ。

   デミグラスソースたっぷり、
   オムライスを食する。

   家族には卵で包んで作っても、自分のとなると、
   もう面倒になって、卵無し!になっちゃうオムライス。
   今日は、憧れの卵で包んであるオムライスをいただきました。

   素敵な絵を見て、美味しいものをいただいて、ぼ〜〜〜と出来て、
   なんちゅーーー幸せ。
   

IMG_6752.JPG   
posted by パッサカリア at 00:11| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

豊田市美術館まで

IMG_6689.JPG
   東山魁夷が描いた、
   唐招提寺御影堂障壁画に
   会いに、豊田市美術館に
   行ってきました。

   近々、唐招提寺御影堂の
   修理が行われるそうで、
   それに合わせて、
   障壁画、全68面を
   紹介してしまおう
   という企画です。


   また、10年の歳月をかけて完成されるまでの、
   構想からスケッチ・下絵も展示されていました。

IMG_6701.JPG


   東山魁夷は、多くの苦難を乗り越え、
   中国から来日し、唐招提寺を開基した鑑真に捧げるため、
   障壁画に、全身全霊を持って挑んだそうです。

P1010711.JPG 

   よけい事ですが・・・・・
   2年前に訪れた奈良の旅で、大極殿内の平城京歴史館で見た遣唐使船や、
   鑑真一行のVRシアターの苦労の映像が、障壁画の中に、まざまざと思い出されました。
   (写真は復元の遣唐使船)
 
posted by パッサカリア at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

NHKやまと尼寺精進日記

NHKのドキュメンタリー「やまと尼寺精進日記」は、
4月から、毎月1回(最終日曜日18時から)放送されるようになりました。

奈良の山深い尼寺で暮らすご住職さんたちの、四季折々の生活の営みと、
そこから生まれる料理たちが、実に美味しそうです。
タケノコの時期には、タケノコ料理を。木の芽の頃には木の芽味噌を。
それは、季節や一日一日を丁寧に生きるからこそ生まれる、味わいでしょう〜。
ご住職たちは、よく食べ、よく笑う。
そんな自然な姿に共感しつつ、時々料理を真似しています。

P1010753.JPG
   先日、放送の
   「木の芽味噌の田楽」。
   さっそく作ってみました。

   スーパーで1パック調達。
   急いですらないと
   色が変わる!と住職さんが、
   言ってらしたので、
   私も必死で?すりました。
   ・・・・・が、1パックの木の芽の量では、
   すり鉢の溝にハマり込んで、あとかたもありません。
   3パックぐらい欲しいところです。
   溝に入り込んだ木の芽を、みりんとお酒をたらしておびき寄せ、さらにスリスリ。
   TVでは、砂糖と白みそ同量を入れて、すりましたが、私は砂糖をひかえました。

P1010755.JPG

  水切りしたお豆腐を
  油を引いた
  フライパンで
  両面焼いて
  木の芽味噌を
  ぬって、出来上がり。
  家庭料理なら、
  竹串無しでも十分。

  この木の芽味噌は、一年保存がきくと、住職さん。

  季節を取り入れた料理が満載で、次の放送が、楽しみです。
  


  
posted by パッサカリア at 14:16| Comment(2) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

ハイライトの花火

IMG_6675.JPG

  今日は熱田祭り。
  そのハイライトは
  やっぱり、花火です。

  裏手の球場から、
  ドッカンドッカンと
  打ち上げられる花火を
  家族同然のカメソンに加え、
  三女のお友だちも
  見に来てくれて、
  今年は、賑やかな
  花火見物になりました。

  我が家の前の駐車場に
  我が物顔で、
  ブルーシートを広げ、
  お菓子やらお茶やらを並べ、
  にぎにぎしく、見物です。

IMG_6626.JPG
  年々祭りも縮小気味で、
  打ち上げ時間も
  短くなってきている
  とはいえ、やっぱり、
  この花火が無いことには、
  名古屋の夏は
  やって来ません。
posted by パッサカリア at 22:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

はじめての浴衣

P1010763.JPG

  大急ぎで
  肩上げ・腰上げを
  しましたら、
  チト、丈が長かった。
  明日までに
  直しましょう〜。
posted by パッサカリア at 21:29| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

日常の中の幸せたち

IMG_6596.JPG
  グリーンアスパラを
  沢山いただきました。

  新鮮な緑の食材が
  あるってだけで、
  主婦として、
  心がウキウキします。


  明日は娘たちが来るので、アスパラの肉巻きにして、パン粉を付けて、
  揚げてみましょう〜。
  婿たちは、やっぱり揚げ物欲しいでしょうし・・・・。

IMG_6598.JPG
  ご近所の紫陽花
  ≪ポップコーン≫が、
  みごとに
  咲いています。
  花弁がくるくる巻いて
  その愛らしさに、
  ニンマリ。
  
  そして、初めて、
  浴衣(子供用)にチャレンジして、やっとこ、仕立て上がりました。
  浴衣の反物なら、もっと簡単に裁つことが出来たんでしょうが、
  洋服地(といっても和柄)なので、狭いテーブルでは、裁つのにひと苦労。
  明日遊びに来るというので、着せてみて、肩上げと腰上げをするつもり。 

  初めての浴衣で、不安だったんですが、
  なんとか明日からの熱田祭りに間に合って、ホッ。

P1010752.JPG
posted by パッサカリア at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ズボン三昧

P1010742.JPG
 昔むかし、
 パジャマ用に作った
 娘のズボンが
 もう〜いらない!と
 戻ってきました。 
 まだ使用可能な部分を
 えらんで、おチビの
 ズボンに、リメイク。
 これなら、一年で
 ポイでも、惜しくない。

 ついでに、主人のTシャツもおちびのズボンにリメイク。
 随分長いこと着ただけあって、生地が薄い。
 これはぜったい涼しいと思うけど、転んだらきっとおひざが痛いでしょう〜
 それで、袖部分でまん丸のひざ当てを作り、縫い付けました。

 それから、大事な婿2号から、夏用の半ズボンのオーダーが入りました〜!

P1010744.JPG


 これからの季節、涼しいが一番。楊柳の生地1メートル20センチで作れました。
 前開きに、四苦八苦していましたら、
 「無くてもいいよ〜〜」の娘2号の声にちょっとホッとしつつ、
 ならば・・・と、両方のお尻にポケットを付けて、完成〜!!
 
posted by パッサカリア at 17:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

カメラのワークショップ11

2か月ぶりに、「和を写す」をテーマにしたワークショップに参加してきました。
和風な物を写す時には、
露出補正をして全体を暗めにすると雰囲気のあるものが写せるんだとか。
ならば〜〜ということで、ちょっとトーンを落として写してみました。

さびれた港の居酒屋。
愛想っ気ないオバサンが、あぶったイカのつまみを出す。
不揃いのとっくりとお猪口、それでチビチビ呑んでるっちゅう〜
そんなイメージの写真かな?

IMG_1317.JPG
posted by パッサカリア at 13:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

おあんさんに逢いに

IMG_6585.JPG
 久々に、歴史を。

 時は、天下分け目の
 関ヶ原の戦いの時期。
 それは超有名ドコですが、
 そこに至る少し前にも、
 三成と家康の戦さが
 あったことを
 ご存知でしょうか?

 それは、関ヶ原から少しの
 大垣城での籠城戦でした。
 そして、その戦いの中で
 15歳の少女が
 懸命に生き抜いた話、
 「おあん物語」を
 聞いたことを思いだし、
 いつか訪れてみたいと
 思っていました。


IMG_6586.JPG
  石田三成の家臣の、
  山田去暦(きょれき)の
  娘、おあんは、城での
  凄まじい経験や、
  落城寸前に
  脱出したことを
  のちに、


  自分の孫や近所の子供たちに、語り継いだ人です。
  それを書き留めたのが(筆録者不明)「おあん物語」。
  http://www.j-texts.com/kinsei/oan.html

IMG_6582.JPG
  お城は、空襲で焼け、
  今の白壁の美しいお城は、
  昭和に建てられました。

  鉄砲狭間(ざま)からは、
  公園の緑が見えます。
  その昔、
  この地で壮絶な戦いが
  あったとは・・・・
  つわものどもが夢のあと。

  像は、
  家康の時代に
  大垣城主となった
  戸田氏鉄公。
 
 
posted by パッサカリア at 23:44| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする