2017年08月02日

パリを愛した洋画家

P1010859.JPG
   愛知県出身の洋画家「荻須高徳」は、
   パリを愛し、パリに死んだ人です。
   ユトリロのようなパリの街並みを
   多く描いたその画家の「荻須記念美術館」が、
   名古屋近くの、稲沢市にあると聞いたので、
   車を走らせました。

P1010858.JPG
   絵の具を
   おしみなく使った
   濃厚な絵画が
   私を出迎えてくれました。
   その絵たちに、人の気配があまりないのですが、
   決して寂しくないのです。不思議な感じがしました。

   小さな展示室には、
   絵がしまってある引き出しがあって、
   壁に、「ご自由に開いてください」の札が。
   恐る恐る開いてみると、鉛筆画のような絵。
   一段目も二段目も三段目も・・・・・
   こんないたずらっぽい展示の仕方、面白い。
   
   ムシムシとした天気の中、蝉の声だけが元気な昼下がり。
   入館者は私だけ。ずいぶんと贅沢な時間でした。

   
posted by パッサカリア at 23:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書こぼれ話

宮部みゆきの平成お徒歩日記の、八丈島送りを読むうち、
自称・歴オバのわたくしめは、
八丈島へはいったいどんな人が、送られてきたのか興味がわきました。
まるで、こぼれたものを拾うように〜〜〜調べてみました。

なんと〜流人第一号が、豊臣五大老の一人、宇喜多秀家とその息子二人。

戦に負ければ、武将の末路は「死」しかなく、関ヶ原で負けた宇喜多秀家も例外ではありません。
・・・が、秀家の正室・豪姫は、実家の前田家の力を借りて、徳川に秀家の助命を願いでた。

IMG_6191.JPG
  なんとか死を免れ、
  八丈島へ流されることとなった秀家には、
  おつきの人や乳母や医師までつけていたとか。
  そして、前田家から、お金・米、食料品や衣類なども、
  定期的に送られていたとか。
  そしてそれは、秀家が亡くなるまで50年間続いていた!
  ・・・・と思いきや、いえいえ、なんと〜〜
  明治になるまで続いたといいます。

  ここで歴オバの私メが思いますに、
  この送り続けた行為は、前田家の罪滅ぼしではなかったか・・・と。
  豊臣五大老になった宇喜多と前田。
  共に、豊臣家存続のために力を合わせようとした者同士であったはずなのに、
  結局、徳川になびいたふうになった前田家は、秀家に後ろめたい気持ちが絶対あった!
  秀家は秀家で、前田、裏切者〜〜!と思ったでしょう〜〜。
  八丈島へお金や米をおくることなど、何ほどのものでもない、当然だろう、と。

IMG_8875.JPG
  ・・・・・はてさて、調べていくうちに、
  吉原の遊女が一人、その8年後に、また一人
  八丈島へ送られたことを知りました。共に、15歳。
  その罪状は? 二人はどうなっちゃったの?  
  知りたいでしょっ?!
  ・・・・この話は、いずれまた。

  長いこと、私の趣味にお付き合いくださり、ありがとうございました。
   
posted by パッサカリア at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

夏休み\(^o^)/


    暑中、お見舞い申し上げます。

IMG_6932.JPG

   
   明日から、わたくしパッサカリアは2週間の夏休みをいただきます。
   しばし仕事から離れ、わがままにこの時間を過ごそうと思います。
   ピアノ漬けクラシック漬けもよし、洋裁三昧もよし、おちびのおもちゃになるもよし。
   ウッシッシッシッシ(^_-)。  
   ハチャメチャに愉快な時を過ごすつもりです。
   また、ブログでお目にかかりましょう〜ね。

   皆様も、どうぞ暑さに負けず、素敵な夏休みをお過ごしくださいね。

   
posted by パッサカリア at 12:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

お手伝いは、配達屋さん

P1010836.JPG
  一人暮らしのご近所さんへ、
  おすそ分けの配達を
  おちび1号に手伝わせています。
  もちろん口上は、しっかり仕込んで
  復唱させて、送り出します。
  今日は、
  “カボチャと小豆で
  「いとこ煮」を作りました。
  召し上がってください” を三度ほど。

  食事の箸休めに、
  ちょこっと甘いものがあったら、
  うれしいよね。
  そうそう〜、私の里ではここに
  うどんを入れるんですよ。




posted by パッサカリア at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

タンバタンさんへ

ブログ友達のタンバタンさん。

タンバタンさんのブログにコメントしたいんですが、
下のCOMMENTをいくらクリックしても、コメント部分が開きません。
設定を変えちゃいましたか?
posted by パッサカリア at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ベタベタの換気扇

P1010839.JPG
  今の換気扇は複雑で・・・と
  言い訳しながら、
  換気扇掃除を、手抜きしてきました。

  最近、換気扇の横あたりから、
  油らしきものが、タラ〜〜〜〜ッ。
  ギャア〜〜〜、手抜きのバチがあたった。
  「ここまでヒドイなら、プロに頼もう」の
  主人の言葉に、夫唱婦随(^_-)
  ということで、換気扇の掃除を
  プロにお願いすることにしました。

  派遣されてきてくださった方は
  ロシア人の若い女性一人。
  丁寧に掃除してくださって二時間。
  お陰で、
  スッキリのピッカピカになりました。


  

  
  
posted by パッサカリア at 14:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

本・大奥をゆるがせた七人の女

講談社α文庫、由良弥生著の「大奥をゆるがせた七人の女」を読みました。

「ゆるがせた」と「女」という題名に、さぞや悪女の面々か!と思いきや、
天璋院篤姫・皇女和宮・春日局・お万の方・お喜世の方・お琴の方、そして絵島です。
(いつもの、独断と偏見で言わさせてもらえば)、この中でゆるがせた女は、「絵島」ただ一人。
あとの6人のほとんどは、
徳川を支えるため、わが身を犠牲にし奮闘した女性たちです。
題名は、少しオーバーで、筋違いの感がいたしますが・・・・
と、まあ〜ちょっと、重箱の隅を突っついて、ぶってみた訳です!!


P1000158.JPG
   この本での収穫は、
   以前から興味のあった「お万の方」の
   特に、晩年を知ることが出来たことです。

   お万の方をご存じでしょうか?

   公家の姫君で、
   16歳で名高い尼寺に入られ、
   数年後、院主に認められたお礼のため
   江戸城へ上がり、
   その時、家光に見染められ無理やり、
   還俗。側室に。
   しかし10年もたたず家光が没。
   ・・・・と、そこまでしか知らず、
   私は、波乱に満ちたこの半生を、
   同情の目でとらえていました。

   この本によると、家光没後、

   京の文化生活をよく身につけていた「お万の方」は、性格も優しく教養もあって、
   「大上臈」と称される大奥の総取り調べの役につき、
   第二の春日局と呼ばれるほどであったといいます。
   大奥内の嫉妬やいじめなどの仲裁もして、人望も厚かったそうです。

   明暦の大火で江戸城の一部が焼失したことで、小石川の無量院の立ち退き(34歳)、
   88歳で亡くなるまで、余生を送ったといいますが、
   無量院での50年余りの人生を想像するに、
   家光の菩提を弔いながら、静かな毎日であっただろうと・・・・。
 
   昔の人々は、自分ではどうすることもできない身分や制約を背負いながら、
   必死で生きていかねばならなかったのですが、それを思うと、胸があつくなります。
   ましてや、男性の影でひっそりと生きていかねばならなかった一昔前の女性たちは、
   もっと過酷であっただろうと思います。
   しかしそんな状況の中でも、しっかりと自分を持ち、
   家を支え、夫を支え、家族を支えて、懸命に生きた女性を見るのは、清々しく愛おしい。
   
   お万の方が静かな余生を送られたことに、胸をなでおろす私です。

posted by パッサカリア at 22:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

スルメ姉妹のサンドレス

07201.JPG
   クラシックを聴きながら、カタカタとミシンを走らせる。
   一枚の布に、ある時はショパンを縫い込み、
   ある時はブラームスを縫い込む。 
   なぁ〜んと豊かな時間。

   最近作ったおちびのサンドレスが
   ことのほか好評で(勝手にそう思っている)、
   おちび1号と3号のを、お揃いで作りました。

   今日は、サンドレス完成の記念撮影会〜! 

   手に持ってるのは、じいじからもらったスルメ。
   そのスルメが殊のほか気に入って、離さない。
   (あたしゃ、スルメ無しで、かわい〜〜く写したいんだけど・・・)

   おちびたちにとって、ばあばが縫い上げたサンドレスなど何ほどのこともない。
   スルメloveのちびオッサン2人です。

   ああ〜優雅にチャイコフスキーを縫い込んだサンドレスが、
   スルメ臭さに、むせび泣いている〜〜〜(p_-)。
  
 
posted by パッサカリア at 07:36| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

カメラリュック

P1010832.JPG
  女のひとり旅は、持ち物が多いです。
  最小限に!と思っても、
  なにかとカサが増えます。
  ましてやカメラを持って、一泊となると・・・
  私も、腐っていても女の端くれ、
  地図や着替えのほかに、
  口紅一本、スカーフ一枚は、当然でしょう〜。

  それで、来月予定しているお江戸への
  ひとり旅にむけて、
  カメラリュックを購入しました。
  カメラとレンズを入れた上の部分に
  空きスペースがあるので、
  ここに一泊必需品をいれるつもり。

  リュックだなんて、小学校いらいですが、
  両手が空くので、これはなかなかの優れ物。
  (今頃、気が付いた!)

posted by パッサカリア at 23:03| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

連れてってもらいました

07231.gif
    「ディズニー オン アイス」を
    三女一家と一緒に観てきました。

    薄っぺらな説明や感想など不用です。
    ただただ美しく、エレガントです。

    この美しさに
    どれほどの鍛錬の時間が
    隠されているのだろうか・・・

IMG_7171.JPG






  ついつい、舞台セットや構成や衣装などを、見てしまう私です。
  いかんいかん、今日は商売抜き。 遊びに徹しましょう〜。

IMG_7163.JPG


IMG_7138.JPG


07232.gif


IMG_7218.JPG

   三女夫婦のおかげで
   久々のディズニー。
   楽しかったわあ〜〜。
   
   ディズニーは、すべての物語に、
   夢があって、愛があって、
   上品で、ハッピーで、
   いくら歳を重ねても
   憧れの世界です。
   
   婿まで、
   ディズニー好きになってくれて
   私はメチャクチャ幸せ。
   
posted by パッサカリア at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする