2016年09月03日

阪西紀子さんの本

09031.jpg
  奈良にお住いのデザイナー・阪西紀子さんが、
  NHKの「ステキにハンドメイド」で、
  簡単に縫えるチュニックを紹介されたのが、
  去年の夏でした。
  
  デパートで子供服の縫製をなさっていらした!
  という阪西さんの仕立て方は、
  合理的な既製服の仕立て方で、
  切りじつけも無しで、すぐに縫えてしまう。
  私が今まで教えていただいた縫いかたとは
  全然違うのです。
  ですから、昨年の夏から秋にかけて、
  しつけもせず、待ち針も使わず、パッパカパッパカと呆れるほどチュニックを縫いまくりました。

haripin.jpg


  その阪西紀子さんの初の単独本が、日本ヴォーグ社から9月2日に発売になるというので、
  心待ちにしていましたら、発売日当日に、送られてきました。

  着脱が楽で、みにくいところを隠してくれる頼もしい普段着が、満載です。

 
posted by パッサカリア at 20:00| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

夏休みの工作にいかが?

 今日から、ピアノのレッスンもはじまりました。明日はコーラスの練習もはじまります。
 いよいよ後半戦がはじまりました。

 飲むヨーグルトのキャップ、
 普通のペットボトルのものよりもちょっと大ぶりなので、
 なんか入らないかな〜何かにならないかなあ〜〜〜とながめつつも、いつも捨てています。

 いくつもはいらないけど、、
 小さなピンクッションがあったらいいなあ〜と思っていたので、
 端切れ布とコーヒーかすを利用して、作ってみました。

P1010031.JPG


 キャップより大きめの布をぐるっと縫い、コーヒーかす2人分を入れて絞り、玉を作ります。
 木工用ボンド(両面テープもいいかな?)を側面ぐるっと塗ったところに、
 細い布を貼り付け、キャップの中にも木工用ボンドをベタベタ塗って、玉をはめ込みます。
 レースがあったので、ちょっと可愛く!

 こんだけのことで、ミニピンクッションが出来上がりました(^_-)-☆

posted by パッサカリア at 16:07| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

ゆかた地三反

P1010004.JPG

  Kさんから、
  「婿さんたちに甚平でも作ってあげて!」と
  ゆかた地を、三反もいただきました。
  お相撲の、鳴戸部屋の名前入りです。  
  さっそく婿3人に
  「甚平の押し売り」をしまして、
  好みの柄を決めてもらいました!
  
  今夜、夕飯を食べに来てくれる婿1号に
  プレゼントできるよう、
  大急ぎで、水につけ、干して、アイロンをかけ、仕立てることにしました。
  型紙は、以前作った主人のものと同じです。

P1010014.JPG

  ・・・・で、完成しました。

  一面に、鳴戸、鳴戸、鳴戸〜〜〜の柄。
  柄を合わせるために、少し頭を使い、
  それに伴い、生地に無駄も生じましたが、
  残布がたっぷりあるので、
  両脇に、ポケットを付けることが
  出来ました。
  (まだある残布で
  おチビ2号の甚平も作ろうかな?)

  婿さんが、
  「涼しい〜!着心地がラク〜ッ!」と
  喜んでくれたのが、なにより嬉しい。





posted by パッサカリア at 19:06| Comment(7) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

チュニック三昧

チュニックはありがたい!
 肥大した要所要所を、見事に隠してくれる。  
 そして、ファスナーもボタンもなしのかぶりにすると 縫うのも楽!あっという間の仕上がり。
 OH〜ナイス!チュニック。

P1000989.JPG
   というわけで、夜行性の虫ニックよろしく、
   夜な夜なミシンに張り付いて 洋裁。
   チュニック三昧の
   時を過ごしています。

   ← 実は、去年仕立てたワンピース。
   夏に、ワンピース着るのって暑い!
   結局一度着て、着なくなったので、
   今年はリメイク。  
   後ろのファスナーはそのまんま利用。
   袖の両ワキに少し布を足して、
   ゆとりのあるお袖にしました。  
   これでゴミが一つ、減りました。

P1010001.JPG

  →グレーの地に黒のおどけた花模様。
  ドバっとしたチュニックで出来上がると
  亡くなった叔母が着てたアッパッパに
  見えてきた。
  シマッタ〜ッ!
  この色も柄も、
  デザインにひと工夫ないと、ダサい。

  ・・・・まあ〜、ダサい私が着るんだから
  しゃあ〜ないかあ〜〜〜(-_-;)

P1000988.JPG
  
  ←薄い薄い綿ローンで仕立てたチュニック。
  少しお袖を長くして〜しぼめて〜
  精一杯、甘くしたつもり。

  ・・・・・しかし着てみると、まとわりついて落ちない。
  いつも裾を引っ張っていないと、ずり上がってしまう。
  アッチャア~~~、
  このデザインでチュニックにしたのが、失敗(-_-;)
  脇をもっと出して
  ガバッと広くしてみようか?!
  ・・・・それでもだめだと思う。

  以上3点。すべて柄ガラがら(^^ゞ
  

  
  
posted by パッサカリア at 08:30| Comment(6) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

主人から初オーダー

 な・な・なんと、主人から「甚平を作ってほしい!」と、 初オーダーが入りました。

IMG_8885.JPG
  亡くなった義父の浴衣が、
  何度も水に通って、柔らかいので、
  いつの日か孫が授かったら、オムツにして
  復活させてやろう〜!きっと天国の義父も
  喜んでくれるだろう〜と、とっておきました。
  
  ところが、娘たちは、浴衣のオムツなんて
  今どき使う気はさらさらないのです。

  ・・・・・で、主人の注文の甚平を、
  義父の浴衣で、仕立てることにしました。
  (ひ孫のオムツより息子の甚平で
   復活!のほうが、嬉しいよね〜)

  義父は海軍さんで、体格のよい人でしたから、
  浴衣もジャンボですが、アチコチ汚れがありました。
  それをよけながら、裁断したら、
  ほとんど残布がでないほど、キチキチでした。
 
posted by パッサカリア at 17:49| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

説明書にそって、マタニティ

P1000971.JPG
  既成の型紙を使って、
  9月末に出産予定の三女のマタニティを
  作りました。

  マタニティ用の型紙ではないので、
  前見ごろも後ろ見ごろも 
  少し幅を広く出しました。

P1000972.JPG 




  説明書にそって仕立ててみたんですが
  説明書が丁寧すぎて、
  この襟ぐりの丸いパーツに
  随分時間がかかりました。

  もっと簡単に縫えると思うんですが
  ・・・・・・

posted by パッサカリア at 09:33| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

ポケットに初挑戦

P1000970.JPG 
  体型も変わったのに型紙はそのまんま。
  それではチョットねえ〜〜〜。

  ・・・・ということで、
  原型を見直し、定番のチュニックの型紙も
  引き直しました。
  新しい型紙を使い、
  タンスに眠ったままの綿サッカー地で、
  ファスナーもボタンも無しのチュニックを
  仕立ててみました。
  もちろん、先日購入のベニヤ板を利用し、
  ルレットでゴシゴシ印つけです。

P1000969.JPG
  仮縫いもしなかったのですが、
  いくぶんAラインにしたので、ゆったり。
  そして風が通って涼しい。
  なによりも時短で完成!が嬉しい。
  そして、
  今回、ポケットにchallenge。
  (ちょっとドキドキ)
  Aラインで、脇はけっこうななめですから、
  しっかりした芯地を貼って、伸び止めに。

  思ってたほど難しくな〜〜〜い、良かった(*^_^*)
  なにか新しいことにchallengeして進化せねばね。
  次の作品にも、このポケットを付けてみよ〜〜〜っと。


  
posted by パッサカリア at 18:00| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

注文殺到〜(^^ゞ

  おチビ達もどんどん大きくなって、   
  ぐ〜〜んと、オーダーが多くなっている≪ブティック・パッサカリア≫です。
  ひとつひとつのオーダーに、
  切りじつけをするのも、時間がかかるので、
  今では、型紙に1センチの縫い代を含ませて、ジャジャ〜〜〜と縫っちゃうんですが、
  これが、いまいち仕上がりが綺麗にいきません。

07071.jpg
  そこで、
  チャコペーパーを使って、
  ルレットでゴシゴシと印つけをしましたら、
  これがなかなか使い勝手がよく、
  時間も短縮されて、いいのです。
  今後は、このゴシゴシ方法で、
  オーダーをこなして行こうと思います。

  ・・・・・が、
  テーブルは、キズつけたくありません。
  かといって、
  大きな仕立て台を買うほどの
  専門家でもありません。

  そこで、今使っているテーブルの上に、
  ベニヤ板を置くことにしました。
  これなら気兼ねなく、ゴシゴシやれます。

  本日、ホームセンターへ行って、ベニヤ板を購入!! 
  布の裁断にも楽なように、少し長めにして、ただ今、カット中〜。
  
 
posted by パッサカリア at 22:52| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

わずかな布で

  ヒマヒマにおチビのズボンとワンピースを 縫いました。

P1000961.JPG
   これは娘の夏のワンピースでした。
   前見ごろのスカート部分にシミが付いていたのを
   避けながら
   「よく転ぶから、膝が隠れる長さで」という注文も、
   バイヤステープを使って、なんとかギリギリでクリアー。
   この写真は後ろなんですが、
   お尻のポケットは、
   ボタン付きの前身ごろをそのままはりつけました。

P1000960.JPG 




  この夏、おチビとおそろいでワンピースが着たい!
  との娘のリクエストに応えて、
  ピンクの小花の、白生地と黒生地を購入しました。

  まずは、おチビのワンピースが完成しました。
  首の後ろは、ヒモで結ぶようにしました。
  ウエスト位置のレースは
  なんと〜頂き物のタオルに付いていたレース(*^_^*)
  高そうな分厚いタオルには、
  よく刺繍や飾りがついていますが、
  使いづらいので、はずして使っています。
  そのはずしたレースが前身ごろにジャストサイズだったので、使用しました。

  
 
posted by パッサカリア at 10:54| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

女系一族だから

IMG_8484.JPG
  チョイ昔、娘がよく穿いていたスカート。
  生地が薄くて涼しそうなのと、
  チェック柄が可愛らしいので
  捨てずに取っておきました。

  このたび、  
  おチビ1号のサンドレスに
  リメイクしてみました。
  
  少し丈を長めにして、
  来年も着れるように!とも思ったのですが、
  我が一族は、おチビ2号も、
  そして9月にお目見えのおチビ3号も、
  み〜んな女子ばかりの、女系一族。
  サンドレスを着てくれる子は
  続々といますから、
  ジャストサイズで作ってみました(^_-)-☆


  

  

posted by パッサカリア at 00:00| Comment(6) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

ひっさしぶりの針仕事

P1000852.JPG

  昔作った、少し厚手のニットのワンピース。
  それをチュニックに直して、随分着ました。

  まだまだ布に命が残っているので、
  このたび、リメイクのリメイクで、
  更にググッと着丈と袖丈を短くし、復活させました。

P1000684.JPG
  ちょっと襟ぐりが
  大きかったので、
  ニットのレース地を
  貼り付けてみました。
 
P1000851.JPG

  久しぶりの針仕事。
  この静かさがたまらなく嬉しい〜。
  




  
posted by パッサカリア at 22:24| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

異なる布で

P1000540.JPG
  昨年の夏に、エリぐりを
  丸から四角にして、
  飽きるほど作りまくった、
  チュニック。

  端切れで買ったウール地と、
  ニット生地の合体で、
  冬用のチュニックを作りました。

  裏地をつけたり、      
  前見ごろの両脇に
  ニット生地をはめ込んで
  遊んでみたりしたので、
  完成までには、
  けっこう時間がかかりました。

P1000541.JPG
  
  残り布をひろいあつめ、
  つなぎ合わせつなぎ合わせて
  スヌードが出来ました。
  
posted by パッサカリア at 11:38| Comment(6) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

手縫いのよだれかけ

P1000485.JPG

  おチビ2号のよだれかけの注文が入りました。
  ・・・といっても、
  タオルを二重にして、周りをぐる〜っとひとまわり縫って、ひっくり返すだけの簡単なもの。

  黄色いのは、ちょっと寂しかったのでレースをつけて可愛くしました。
  柄物のよだれかけは、バスタオルです。
  生地が少し地厚だったので、裏はガーゼのハンカチを利用しました。

  ミシンを走らせるまでもなく、テレビを見ながら、手縫いでチクチク・・・・・・。
posted by パッサカリア at 21:42| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

セーター復活

11251.jpg  
  久々の休みで、冬物の整理をしました。

  襟と袖と裾が変わった編み方で、
  そこが気に入って購入した、チュニックセーター。
  ところが、
  いろいろと不都合が出てきまして、
  4〜5年ほど、眠ったままでした。

  リメイクしてみました・・・・

P1000372.JPG
  
  首回りが苦しかったので、ボタンを取り、
  ついでに野暮ったいので、ポケットも取りました。
  長かった袖も思いきって、切り、
  カフス代わりの変わった編み方部分をドッキング。
  元気なオレンジ色ですが、
  チュニック丈では、オレンジ色の分量が多く、派手。
  バランスを考えて、丈を短くしました。

  着ると暖かで、なかなか捨てがたかったチュニックセーター。
  この冬はお出ましです。
posted by パッサカリア at 22:54| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

秋だから〜チュニック

P1000263.JPG

  NHKの素敵にハンドメイド8月号で
  紹介された阪西紀子さんのチュニックは、
  布を裁っていさえすれば、
  縫う時間は2時間もかからないので、
  私なりに、襟ぐりや丈を調整しながら、
  この夏は、呆れるほど縫いまくりました。

  そして、お袖と着丈も少し長くして、
  秋バージョンのチュニックを仕立てました。

P1000266.JPG 

  刺繍の模様が
  気に入って買った布です。
  布の片側の端が、少し刺繍部分がないので、
  袖を横に裁って、袖口を刺繍なしに
  してみました。

  

posted by パッサカリア at 21:14| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

初・ボタンホール

P1000197.JPG
  おチビ1号のパジャマの注文が入ったので、
  ニット生地で縫いました。
  
  恥ずかしながら、ミシンでのボタンホールに
  初チャレンジです。
  以前、洋裁教室で教えてもらったんですが
  どうも上手に出来なくって、
  せっかく洋服が出来上がっても
  ボタンホールがきれいに仕上がらなければ
  せっかくの苦労が、水の泡。
  ですから、ず〜〜っと避けてきました。
  業者さんにお願いしたり、ファスナーやスナップでごまかして?きたり・・・
 
  でも、おチビのパジャマぐらいで、わざわざ業者さんに頼むのはねえ〜〜〜
  意を決して、ボタンホール初チャレンジ。

  案の定うまくいきません。
  糸をかえたり、針をかえたり、ボタンホール30個ぐらい縫ったかしら?
  悪戦苦闘の末、やっと納得できるボタンホールの仕上がりになりました。
  〜〜〜〜パジャマが完成です。
  
posted by パッサカリア at 00:01| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

趣味の部屋

DSCN8076.JPG
    お盆休みも終わって、今日から仕事。
    午前中イカメン、午後はルーチェで、
    チョッピリくたびれました。

    こういう時は、趣味に徹するが一番!
    洋裁部屋を見わたすと、   
    お盆休みの奮闘のあとの糸くずが
    いたるところに・・・・で、
    チョッピリ掃除しました。
    さっぱりすると、やる気がでるね。

posted by パッサカリア at 23:12| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

鬼のいぬ間の洋裁日

今日は主人が一泊旅行に出かけたので、一日中、「洋裁」に、徹しました。

P1010589.JPG
   まずは、ブラウスの残り布でチュニック。
   この生地、サッカー地で
   とっても涼しいのです。
   胸のヨークは横布にしてみたのですが、
   細い縞で、あんまり効果はなかったみたい。
   残り布ぜ〜〜〜ぇんぶ使ったけど、少々丈が短かった。
   まっ、いいかあ〜〜。

P1010606.JPG


   ずいぶん前にいただいて・・・・眠っていた布。
   チェックの上に、葉っぱの模様。
   なんだかシミのようで、それで眠っていた!
   裏布で裁とう〜と思ったら、
   生地の端に「藍抜き染め」と書かれてありまして、
   あらあら、そんな由緒正しい布とは・・・・
   で、表生地のままにして、
   見ごろをバイヤスにしてみました。

P1010607.JPG
  もう一枚は、ニット生地で。
  ニットは、やっぱり着脱が楽ね。

  3点とも、同じ型紙で作ったのです。

  
posted by パッサカリア at 22:31| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

ひと目惚れ胴裏

紬の着物をほどいているうちに、その裏(胴裏)の、生地の素晴らしさに目を奪われてしまいました。

P1010432.JPG
  シャキッとした紬に、
  まるで相反するような柔軟な胴裏。
  こんなにも柔らかい胴裏が
  表生地を支えていたことに、
  チョッピリ感動しながら、
  この胴裏を再利用できる方法を、
  考えました。
  ・・・・片半身分で、
  スカーフを作ることにしました。

P1010433.JPG

  賞味期限が一年も過ぎたいただき物の紅茶。
  これを煮出して、初めての紅茶染め。
  煮汁には、塩を大匙1杯投入!

P1010434.JPG

  初めてなので、染めムラが出たりするかも。
  ・・・でごまかせる様に、
  ところどころ畳みながら、糸で縛って
  染めてみました。

P1010435.JPG 

  写真では、質感や風合いがわからないけれど、
  初めての紅茶染めとしては、
  まずまず合格かな?

  もう片半身分も、別なもので染めて
  スカーフにするつもり。
  
  捨てることないね、着物の胴裏。



   

  




posted by パッサカリア at 23:53| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

在庫減らし

 4〜5年前に、
 裾のレースが細やかで魅力的だったので、ひと目ぼれして衝動買いしてしまった生成りのチュニック。
 帰宅して、
 頭を冷やして着てみると、
 小柄な私には、裾の大きなレースの細工は、バランスが悪く、無念な状態。 
 ・・・・その結果、
 あまり陽の目を見ずに、眠ったままのチュニック。

P1010409.JPG

  この度、
  着なくなった服の整理も兼ねて、
  思い切ってブッチュリ切って、
  おチビの夏のワンピースに
  リメイクさせました。
  レースの上にも、刺繍が施されているので、
  ちょっと長めの丈にして、来年も着れるように。

P1010410.JPG

  そして、
  綿のニット地が
  これまた
  眠ったままでした。

  このニット生地は、
  光沢があるので、
  ちょっと凝ったデザインを考えて〜!などと、
  腕も無いくせに思い上がったことを考えているうちに、
  冬眠!!させてしまった生地でした。

  布の在庫は減らして、家の中をスッキリさせる! 
  そう〜心に決めたので、芸はありませんが、
  定番のデザインでサッサと縫って、サッサと着用することにしました。
  
  

 
posted by パッサカリア at 18:40| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする