2018年05月07日

丸まるニット生地

P1020750.JPG
  夏用のTシャツを作ろうと、
  無地のニット生地を1,5メートル購入。
  ・・・・・・あらあら、端っこが丸まっちゃう。
  表と裏の織りが違えば、
  端っこが丸まっちゃうのは、
  布の特徴ですが、
  この生地は、
  まるで喧嘩を吹っかけてくるように、
  やたら、くるっくる(@_@;)なんです。

  時間をかけて布目をそろえて、
  難儀をして、随分大き目に裁って、
  なんとか一枚、完成しました。

  若者ならいざしらず、
  この歳になって
  シンプルすぎるのも侘しいので、
  中心にニットのレースを
  一本縫い付けました。


P1020749.JPG

  もう一枚、長めのチュニックを
  作る予定でしたが、
  大き目に荒裁ちしたせいで、
  袖分の布が足りなくなりました。

  ・・・そこで、古い汚れた私のTシャツ、
  もう処分寸前の私のTシャツの
  身ごろを、両袖に裁って、合体しました。

  色合いがちょっと目に、パジャマっぽいけど、
  家でゴソゴソするなら、これで十分。

  廃物利用も出来ました\(^o^)/ 



posted by パッサカリア at 21:13| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

捨てる前に

P1020728.JPG
  もう随分昔に買ったTシャツ。

  ボートネックの幅が広いので、
  肩から下着が見えるのです。

  下着のようなヒモを見せるのが
  流行のようですが、
  オバサンには、テイコウがあります。
  袖口も広いので、バタバタして、うるさい。

  ・・・・それで、もう処分!!

  ・・・・と思ったのですが、
  このニット、材質がもたつかず、
  タラッと落ち感もよかったのです。
P1020744.JPG
  

  それで、もうひと花
  タンクトップで、
  咲かせてやることにしました(*^。^*)
   
   タンクトップは、
   一枚で着ることはありません。
   なにか羽織ものの下になるのですから、
   こんなんで、いいやあ〜〜。
   バッツリ短めにしました。

   娘の廃物Tシャツについていた
   キラキラのメタルを、
   再利用して、縫い付けてみました。
   夏は
   アクセサリーも汗でうっとおしいので、
   このキラキラがあれば、
   なにも首からぶらさげなくとも
   寂しくはないかな?


   
  
  
posted by パッサカリア at 20:53| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

リメイクは楽し

04261.jpg

   娘が子供の時に着ていた
   フード付きトレーナー。
   くまさんがついて可愛かったんです。
   ・・・・・・が、
   娘も二児の母、
   「もうこの柄は着れないわあ〜」っと、
   里帰りしてきました。
   ヨレヨレにはなってないから、
   まだこの生地には命が残っている、

   ・・・・・・・・そうなったら、
   ガゼン、テンションが上がる私。

   前身ごろだけは
   この、くまさんの生地にして、
   袖と後ろ身ごろは、ピンクの無地で、
   おちび二人のTシャツを作りました。

P1020724.JPG







   
posted by パッサカリア at 15:01| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

完全オフの洋裁日

P1020526.JPG

   時々出かける生地屋さんの
   特売コーナーで、
   1メートル、コーヒー一杯分の
   生地を見つけ、
   その安さに飛びついて、
   チュニック一着分を買ったのは、
   まだ寒さの残る頃でした。

   仕立てて着てみると、
   テンションも、生地の厚みも
   ちょうどよいのです。
   柄がイマイチだけど、
   生地としてはなかなかよろしい。
   気をよくして、
   生地屋さんにまた出かけて、
   残っていた生地をゴッソリ、
   巻になってるのを
   そのまんまぜ〜〜〜んぶ、買ってきました。
      
   P1020693.JPG 

   今日は、一日オフだったので、
   ニット生地と戯れて、洋裁に徹しました。

   柄の分量をグッと少なくして、
   (裏を使って)、見た目に軽い、
   定番ラグランチュニックを
   作りました。

   ついでに、
   定番のセミタイトスカート。
 
   裏地はポリエステルのブラウスの
   残り生地。ファスナーも
   古スカートのを再利用。
   どれもこれも、在庫整理の廃物利用。



 P1020695.JPG 
   おちびたちの服、
   そろそろ夏ものを
   用意しなくっちゃあ〜。
   いつもの
   ラグランスリーブを
   半そでに。

   無地のピンクなので、
   胸にニットのレースを
   Vに配置して、
   可愛くしました。

 



posted by パッサカリア at 21:12| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

春スカート

03201.JPG
   おちびたちに、
   春のそよ風にひらひらとゆれるスカートを
   作ってやりたい!と思っていました。

   生地屋さんに行きましたら、
   3段の可愛いスカートが、サンプルで
   置いてありました。
   そうそう、
   こういう段ダカダンのスカート、
   女子の憧れ(*^。^*)
   サンプル品を
   ヒックリがえし、てっくりがえして
   しばし、研究〜!
   ふむふむ・・・こういうふうになってるのね。

   ・・・・で、
   それらしいのを作ってみました。

   3段の布の長さがわからないので、とりあえず、180センチで3本。
   ギャザーを寄せて、縮めるのが、た〜〜いへん。

   サンプルの台布とウエスト布は、ニット生地でしたから、そのように作ってみたんですが、
   ニット生地にしなくてもいいんじゃあ〜ないのかな?・・・・て感じました。
posted by パッサカリア at 17:44| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

咳が出ないうちに・・・

P1020535.JPG
   夜は、いつも、
   お楽しみ洋裁タイムなんですが、
   一か月以上続いてる咳が治らず、
   特に夜は、咳がひどくって、
   とてもとてもミシン仕事など
   やる気もおきません。
   ・・・・日曜日の今日、
   暖かい日中のうちに、
   途中半端だった服を、
   それ〜〜!っと、仕上げました。

   (←は、咳の前に出来上がっていたもの)
   私には珍しく花柄のニット生地を、
   一目ぼれで、購入しました。
   生地屋さんですでに、
   イメージが出来上がってまして、
   ・・・・襟は 身ごろから立ち上げ、
   Aラインで広がる感じに作ろう〜!と。

   そのイメージで作ってみたのですが、
   出来上がってみるとAラインが思いのほか広がらず、イマイチ(p_-)

   デザイナーのIさんにおたずねすると、
   「そういう時は、脇だけ出すのではなく、前身ごろも広げるんですよ」と教えてくださった。
   あっちゃあ〜〜〜、知らないっということは悲しいことです。

P1020536.JPG

   さてさて今度は残り布救済作戦。
   (→こちらもほぼ完成していて、
   出来ていなかったのは袖口だけ)
   
   残り布のグレーは、
   バッグにしようかと考えたのですが、
   柄がみんな脇に寄っているので、
   やっぱり使用頻度の多いカットソーに
   することにしました。 
   ラグラン袖にはしたくなかったのですが、
   グレーの生地もドッキングの黒の生地も
   残り物同士で、こんなふうにしか
   出来ませんでした。
   袖口だけ広がった感じに。
   (・・・なんか、とってつけた感じ)
   
posted by パッサカリア at 08:32| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

カフェカーテン復活!

02211.JPG
  葉っぱやバラの刺繍があって、
  お気に入りだったカフェカーテン。
  使わなくなってしまったので
  処分しようかな?
  っと思っていたところに、
  おちびのチュールスカートの
  注文が入りました。

  グレーのチェックのニット生地と
  処分寸前のカフェカーテンを
  ドッキングして、
  チュールっぽい春スカートが
  完成しました〜!

posted by パッサカリア at 16:17| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

コーヒー一杯分で遊んでみる

生地屋さんの特売コーナーに、しっかりしたジャガード織りのニット生地が
太い巻きで、売れ残っていました。
材質は、しっかりして良いものだと思うんですが・・・・色合いがイマイチ?
それとも柄が硬い感じなので、売れ残ったんでしょうかねえ〜?もったいない

買う気はなかったのですが、値段が気になって、チラッと赤札を見て(@_@;)ビックリ!! 
なんと1メートルコーヒー一杯分だあ〜〜〜。エエエ・・・・。
全部この柄で作ってしまったら重たいけど、工夫次第で、面白いのが出来るかも。
ああだこうだと考えるのも楽しい。コーヒー一杯分で遊んでみようか? ・・・・1メートル購入。

P1020526.JPG
   ・・・・で出来上がったのが、これ。

   袖の布だけを裏がえしにしてみました。
   当初は、
   袖と襟ぐりは濃い緑のフライスを
   付けるつもりでしたが、
   合わせてみたら、
   どうも硬すぎるのです。
   ならば裏布で・・・・と思ったら
   やたらボケる。
   で、結局これに落ち着きました。

   わき見もせず、コーヒー一杯分で
   ラグラン街道まっしぐら\(^o^)/
posted by パッサカリア at 17:53| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

春のお揃い服

P1020520.JPG
  簡単に縫えるので、
  最近は、
  ラグラン袖に夢中です。
  とうとう、
  おちびたちの物まで
  ラグラン袖で
  作り始めました。
  110と80サイズです。
  いつも
  頭が入る入らないで
  ゴタゴタするので、
  伸びのあるフライスを
  首回りに付けました。

posted by パッサカリア at 08:53| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

立体マスク

P1020517.JPG
  娘から、
  立体マスクのオーダーが入りました。

  表は、サッカー生地の残り布、
  裏は、二枚重ねのガーゼのハンカチを利用。
  マスク用のゴムは、ピンクにして可愛く。
  大人1枚、子供2枚完成しました。
posted by パッサカリア at 16:50| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ラグラン袖に夢中(^・^)

P1020503.JPG
  時々出かける生地屋さん。
  ニット生地の売り場に
  ロックミシンだけで完成できる〜!という宣伝文句で、
  型紙が売られていました。
  早速、購入〜!!
  ・・・・で、ためしに一枚作ってみました。
  型紙では、裾がバルーン風で袖も大きいので、
  私なりに、シンプルに改良してみました。
  (ここは直線ミシンが必要になりました)

  完成してみると、
  私には幾分襟ぐりが大きいのです。

P1020504.JPG

  それで、身ごろの襟ぐりの
  4分の3の長さの襟のリブを作って
  縫い付けました。
  この紺地の生地は、昔いただいたもので、
  やっと日の目を見ました。

  ラグラン袖の洋服は、
  袖付けのいせこみを考えなくともいいので、
  わたし向きです。
  そこでちょっと遊んで、
  3作目を作ってみました。

P1020501.JPG
   前身ごろと後ろ身ごろは、
   ツイードぽいニット生地です。
   全部、この若草色にしてみたら、
   真冬にはちょっと気が引ける色合いに
   なっちゃうので 
   袖だけ、黒のニット生地にしました。
   襟ぐりのリブを、若草色か黒かで、悩みました。
   どうせ中に、
   黒のTシャツを着ることになるので、
   若草色のリブにしました。
P1020502.JPG
   ラグラン袖は、ともすると、
   スポーティーになるので、
   オバサンには危険なデザインかも。
   残り布でスヌードを作って、首回りを華やかにしてみました。
 
P1020500.JPG

   そして、最後の4作目。
   このニット生地は、
   ちょっと光沢があって、お高かったので、
   1・5メートル幅を1メートルだけ購入。
   最悪、袖は別布でもいいやあ〜〜と、
   ケチりました。 
   襟ぐりは、1作目の幅に戻し大き目にして、
   20センチの高さの襟を付けました。
   (継ぎはぎでなんとかできました)
   ラグラン袖だけど、ちょっとエレガントに
   見えるかしら?

   ラグラン袖は縫うのに簡単、着るのに楽です。当分、ラグラン袖に狂いま〜す!
posted by パッサカリア at 21:12| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

どうしてる?端切れ

P1020491.JPG
   洋裁をやっていると、たまっていく端切れ。
   昔は、小豆3粒包めたら、捨てずにいたそうですが、
   そこまではいかなくとも、布はなかなか捨てられません。

   このたび、意を決して「端切れ処分」に着手しました。

P1020490.JPG







   ↑は、一着分は無い半端ニット生地。
   ごくごくシンプルなTシャツにしても
   袖分はないのです。
   そこで、白の無地で袖分を足しました。
   そして、あるだけの布幅で襟を付けました。

   →は、半そで分しかなかったニット生地と、
   襟分しかなかったニット生地を、色合いが似ているので、無理やりドッキング〜!

P1020487.JPG


   そして、究極の端切れ処分〜!お人形のメグちゃんのズボン3点。
   「ばあば、メグちゃんのズボン作ってくれない〜?」と
   コソコソコっとすり寄ってきて、私の耳元で、おちび1号が言ってくれなかったら
   考え付かなかった、人形の洋服。
   これ、端切れ処分にはうってつけ。
   ・・・・でも、
   人形の洋服レベルでは、なかなか減らないなあ〜〜〜我が家の端切れ。
 
posted by パッサカリア at 20:46| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

イッパシの職人ぽい?

P1020045.JPG

   合唱団のステージ衣装をお願いしているI先生が、拙宅にいらっしゃることになりました。

   私の洋裁部屋、とてもお客様をお通しできるような部屋ではないんですが、
   この際、洋裁の事もついでに教えていただこう〜〜!なんて、調子のいいことを考えて、
   私の洋裁部屋にお通ししました。

   I先生、私の洋裁部屋をぐる〜〜〜っと見まわして、
   「いいわねえ〜〜、これはもう“工房”ね」なんて言ってくださった。
   工房〜!!だなんて〜〜、なんだかイッパシの職人になったような気分で、嬉しかった。
   
posted by パッサカリア at 21:29| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

親子ベアールック

P1020467.JPG
    赤い色の可愛いフリース1.5メートルで、
    娘と孫のペアールックを縫いました。

    大好きなうさぎさんを胸に縫い付け、
    耳にはお花も付けました。
    娘のは、NHK「すてきににハンドメイド」の
    テキストにあった型紙を利用しました。

P1020461.JPG

  



P1020456.JPG








  ・・・・それから、
  母のサマーウールの着物で割烹着が出来て、
  その残り布(片身分)で、
  スカートを作りました。裏地は、胴裏を再利用。

   
  明日から、いよいよ本格的な仕事がはじまります。
  3月の歌声サミット、4月の定期演奏会・・・・ なかなか洋裁も出来なくなります。
  
  
posted by パッサカリア at 22:02| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

母の着物から

着道楽の母に、かねがね言っていたことは、
「死ぬまでに、自分の着物ぜ〜〜んぶ着尽くして逝ってね」であった。
そのたんび母は、「はいはい」と調子のいい返事をしていたくせに、
去年の5月、スル〜っと逝ってしまった。

残された着物は母の思い出が詰まっているので娘の私には捨てられない。
だから、着尽くしてねっていったのに・・・・どうしよう〜〜〜〜。
特に、母のサマーウールの着物。
この暑い名古屋のサマーに、ウールの着物を着るんかい?着ようがないじゃあないのよ。

捨てられないなら、そのまんまタンスで眠らせるか、再利用するしかない。
・・・・考えた末、
思い切って私の割烹着にリメイクすることにしました。

P1020450.JPG 
   通常の割烹着は、後ろが開いてるので
   お尻が寒い。そこでぜ〜んぶ囲んだ、
   スモック式にしました。
   新入りミシンで、ボタンホールも作り、
   半端ボタンも救済して縫い付けました。
   正真正銘の着物柄!
   やたら派手ですが、
   家の中でゴソゴソ主婦仕事をするなら、
   恥ずかしくはない。
   なにせ、あったかい(ウールだもの)。
   そして綿よりも断然滑りがいいから、
   肩が凝らない。

   「ほらね、着物、残してやって
   よかったでしょっ!喜びなさ〜い」と、
   母の高笑いが聞こえてくる。

   母には、今だ勝てず。
posted by パッサカリア at 20:35| Comment(4) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

フリース2m使い切り

去年作った家事用のフリース生地のチュニックは、
大きなお尻がスッポリ隠れる長めで、
あれもこれもいっぱい入るポケットも、両脇にドド〜ンと貼り付けて作りました。

P1020429.JPG
   今年は、洗い替えにもう一枚!と、
   同じ型紙で、作りはじめました・・・が、
   チュニック一枚だけでは、
   中途半端に生地が残るのです。
   思案の末、おちび3人のズボンを作ることにしました。
   ところが、
   いくらおちびたちのものと言えども、3人分では、
   チト、足りない。
   ゲエ〜〜〜ッ、そこで、
   私のチュニックの襟と袖口とを、
   昔作ったTシャツの残り布で補うことにしました。

01021.JPG
    私のチュニックと
    おちび3人分のズボンが、
    たった2メートルで出来ました。

    端っこの布をかき集めたら、
    こんなポシェットも完成しました。

01022.JPG
posted by パッサカリア at 12:57| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

ばあばハウス・総決算

P1020439.JPG
  娘らは、針仕事を、
  当然のように頼み、当然のように持ち帰る!
  それってなあ〜〜と、今年から、
  洋裁オーダー品は、有料にしました。
  有料と言っても、そこはそれ、
  娘の財布の中味と相談で、コイン限定です。

  大晦日の今日、ビンのお金を
  みんなで数えました。

  半分以上が一円玉なのに、なんと〜〜3215円。 
  塵も積もればなんとやら、今年一年ちまちまと、たくさんたまりました。
  「ばあば、ありがとう」の声を聞くために、来年もいっぱい作ってやろうと思います。
  
posted by パッサカリア at 23:20| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

フリースの伸縮性は?

あたたかさで群を抜いているフリース、冬の服には活用したいです。
しかしフリースにも、
ニット系の伸縮性のあるもの、全く伸縮性のないものがあって、注意せねばならない・・と、
今回、思い知らされました。

IMG_8963.JPG
  ・・・・・・というのも、
  先日、フリースで作ったおちび2号のチュニックが
  頭が入らない!と戻ってきました。
  このフリース、
  横には伸びるのですが、縦には伸びません。
  二重にすると、さらに伸縮性は期待できません。
  ボツにするのはもったいないので、
  ピンクと黄色の二色の可愛いファスナーを見つけたので、
  襟幅もぐっと細くして、縫い付けました。
  これで着脱は楽になるはずですが・・・・

IMG_8961.JPG

  →こちらもフリース生地です。
  ↑のよりは、伸縮性があります。
  用心のために、襟ぐりと袖ぐりを
  少し広くして、
  特に首回りには、
  ゴムを入れて縮めました。
  アップリケはミシンでたたきました。

12231.JPG
   upするつもりがなかったので、
   ジュウタンの上から撮った半端写真で、
   みっともないですが、
   フリースの伸縮性を語るのに
   無視ができないので、UPします。
   これはおちび3人のズボンで、
   生地はフリースです。
   こちらは伸縮性が縦横十分にあります。

   同じフリースでも、
   その度合いが随分違うので、失敗しないように、
   縦横しっかり確認してから購入することが大事だと、肝にめいじました。
posted by パッサカリア at 08:38| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

これ、なあ〜んだ?

10161.JPG
  物語が生まれそうな、小さな三角お山??

  これ、娘からのオーダー品です。
  テレビを見ながら、チクチク手縫いしました。
  サスペンスドラマを見て
  ハラハラしているうちに、 
  5個も縫ってしまいました(@_@;)
  
  さあ〜て、これはイッタイなんでしょう〜?

posted by パッサカリア at 21:23| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

空環の処理

P1020408.JPG
   娘から、おちび用の、お尻もかくれる
   あったかいチュニックを作って!と、
   オーダーが入りました。

   定番Tシャツを15センチ長くし、
   幅広の襟もつけて、フリース生地の
   チュニックを完成しました。

   ・・・・・ロックミシンで縫うと、
   糸の端(空環)がいっぱい出て、
   それを、いちいち毛糸針に通して、
   縫い代に隠しいれるのが面倒で
   何か良い方法がないかと考えていました。

P1020410.JPG
  ・・・で、
  機械編みで使う、
  この道具〜!
  (名前はわからない)
  まつったところに
  通して、
  空環をひっかけて、
  引っ張るだけで、
  処理が出来るのを
  発見しました〜!

  ちょっと初めは
  手間取りますが、
  慣れると、毛糸針より断然、早い。
  ニットソーイングを教えていらっしゃる合唱団のTさんも、ご存知なかったこの方法。
  ちょっと私は自慢ポイポイしています(*^。^*)
   
posted by パッサカリア at 21:23| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする