2017年01月25日

知多半島ぶらり

IMG_1007.JPG
   今日は完全OFFなので、
   久しぶりに半日ドライブ。
   知多半島を走りました。

   おお〜素晴らしい〜空と海の
   青さのマリアージュ。
   ・・・・・見とれていると、
   突然、野間の灯台の白さが乱入。

   車の中はぬくぬくとあったかだけど
   漁をする人は、寒かろう・・・・・
   ご苦労さまなことです。

IMG_1017.JPG

   車を走らせること2時間。 
   昼食は、やっぱり
   「まるは食堂」。
   ここのぶっといエビフライは
   超有名です。

IMG_1029.JPG

  エビフライの写真を
  撮ろうとしましたら、
  それを
  待っていたかのように
  窓の向うのゆりかもめが
  一斉に、飛び立ちました。
  Good Timing!!
  
  最高の写真が撮れた!と
  ニンマリしていたら、
  鳥なんだか、波なんだか
  ゴミなんだかわからない。
  まあ〜〜そんなに
  調子の良いようには
  いかないわねえ〜〜〜
  
  まるは食堂には、
  日帰りのお風呂も
  あって、平日の今日は空き空き。 平日、ねらい目よ。
  
  

  
   
posted by パッサカリア at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ぶらっと居酒屋探訪

01211.jpg
  主人と二人、ちょっと用事で出かけた帰り道。
  ・・・・
  赤い提灯に誘われて、
  暖簾をくぐった居酒屋さん。
  お店のご主人が串を焼いて、
  奥さんがキビキビと
  動いている小さなお店の
  尾頭橋のとり吉。

  使い込んだカウンターと、
  煙で十分に燻された壁と天井。
  お上手にも、お洒落な店ではないけれど、
  人なつっこいご主人の対応ぶりが、居心地が良く、
  ついつい長居をしてしまいました。
 
 01212.jpg 

  炭火でじっくり焼く「焼き鳥」。
  ちょっと焼きすぎじゃないの?!と
  心配したのですが、
  この焦げ具合が、なぜだか懐かしく、
  そして香ばしい。
  今日日なかなか焦げめのある食べ物に
  お目にかかれない。OH~レトロ!!

  「青ジソ巻き」もたのんでみました。
  お皿に添えられたものはお味噌!
  とおもったら、
  なんと〜、ゆるめに練った梅干しでした。
  これがサッパリとして、美味でした。

  私はまったくの下戸だけれど、こういう雰囲気は嫌いじゃない。
  いや、こういうところに出入りできるなんて、
  イッパシの仕事が出来る女みたいで、実は、ウレシイ。
     
posted by パッサカリア at 00:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

写真の舞台裏

01201.jpg

  娘から、おチビ1号と
  おチビ3号の写真が
  送られてきました。

  孫の笑顔に
  ジジババは、
  鼻の下を
  なが〜くして、
  見入っておりました。

  しか〜ぁし、次に
  送られてきた写真は 
  衝撃的。

  なんとか笑わせようと
  涙ぐましい奮闘ぶりが、
  ありました〜!!
   
01202.JPG
posted by パッサカリア at 11:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

にわかに賑やかに

IMG_0998.JPG
   娘たち3人が
   お世話になった幼稚園。

   そこで、週に一度、
   3歳以下の子のための
   「とんとん教室」が
   あるので、今度は、
   孫のおちび1号が
   お世話になっています。
   ・・・・そして
   たっぷり遊んだ帰りには、
   我が家に寄って
   ジジババと一緒に
   お昼を食べる!というのが 
   お決まりのパターン。
 
   この「とんとん教室」、
   おちび1号が楽しみしているのですが、
   本当のところ、
   一番楽しみにしているのは、
   我らジジババ2人です。

   そろそろ幼稚園から帰ってくる頃ではないのかと、玄関と外を行ったり来たり・・・・
   お鍋のスープの火を何度もつけたり消したり・・・・

IMG_1005.JPG












   いつもはダークな色彩の我が家が、
   おちび1号の出現で、ピンクや赤や黄色が飛び交い、
   にわかに賑やかになります。

   
posted by パッサカリア at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

本・蓮如物語

P1010517.JPG
  仏ほっとけ!の私が、
  こともあろうに
  今から
  500年ほど昔の
  浄土真宗のお坊さまの、
  「蓮如物語」を、
  読みました。


  子どものために書かれた本!ですが、
  物の豊かなこの時代に、人の心を感じるこの本は、
  大人も十分楽しめます。


  連如は、貧しい寺の子供として生まれ、
  六歳の時に生みの母親とひきさかれます。
  別れ際、母親が言い残した言葉をたよりに
  飢えや戦乱の世に、人々を救い、85歳まで生きぬきます。

  角川文庫から出ています。
  
posted by パッサカリア at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

寒波

IMG_0937.JPG
   週末から、全国的に大寒波。
   ニュースでは
   雪による事故を伝えていますが、
   皆さまのところは、大丈夫でしょうか?

   当地も例外ではなく、
   しっかりと寒波に見舞われました。
   土曜日の夜から降り始めた雪は、
   日曜日の朝には随分積もりました。
   早朝、メジャーで計ってみると
   OH~、8センチもありました。

IMG_0977.JPG




  その雪も
  お日様がニコニコしはじめ、
  青空が広がると、
  まるで、はにかむように
  少しずつ、解けはじめました。
  まあ〜名古屋の雪降りは、
  だいたいこんなもんです。
  
IMG_0991.JPG








   雪に耐えながら、
   お日様を待っている公園の
   寒椿が、いじらしい。
   光は、
   もうすぐそこまで
   やってきている。
  
   
posted by パッサカリア at 22:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

国立劇場版のppap

おチビ1号が、盛んに「アポーペン パイナポーペーン」とやりだして
巷で、ピコ太郎なる少々人相の悪いキンキラなおじさんが
大流行していることを、知りました。
何が面白いのか??、さっぱり理解できない私ですが・・・・。


今、国立劇場がそれをアレンジしたものが、大変話題になっているんだとか。 
三味線、笛、小鼓、大鼓、太鼓の長唄囃子の奏者の、
その名も「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」。
(サンポーは神事に用いられる三方、ヌリサンポーは塗り三方のこと)

 荘厳な笛の音色が響く中、国立劇場のマスコット「くろごちゃん」が筆と三方を持って登場。
真面目でクオリティーの高い演奏と唄、そして「くろごちゃん」のかわいらしい動きが
ミスマッチな2分間に仕上がっている。
プロが本気を出すと、こんなにも、面白い。




posted by パッサカリア at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

歌会始

IMG_0427.JPG
    新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が、
    皇居・松の間で行われました。
    今年のお題は「野」で、
    2万首を超える応募から選ばれた10首のほか、
    皇族方の歌が詠み上げられ、
    最後に天皇さまのお歌が披露されました。

    文才など微塵もない私には、さっぱりわからない世界ですが、
    言葉の豊かさや、制約された文字の中に
    凝縮された思いを見つけて、なあ〜るほどとえらそうに思ったり
    ・・・・・・日本語の奥深さを感じいった次第です。


大御歌(おおみうた)は、
    那須御用邸で静養中、皇后さまと、
    コオロギの仲間・邯鄲(かんたん)の鳴き声を聴きにお出かけされた思い出を詠まれました。

      「邯鄲の 鳴く音(ね)聞かむと 那須の野に
                     集ひし夜を なつかしみ思ふ」


日嗣の皇子の妃(ひつぎのみこのみめ)。雅子さまのことです。
とってもあたたかいお歌です。

       「那須の野を親子三人(みたり)で歩みつつ  
                吾子に教(をし)ふる 秋の花の名」

入選の中では、
       「筆先に小さな春をひそませて
                ふっくら画(えが)く 里の野山を」

       「歩みゆく秋日ゆたけき武蔵野に
                 浅黄斑蝶(あさぎまだら)の旅を見送る」

来年のお題は「語」。
説明を聞かなければならない難解な歌は、チト敬遠ですが、来年の歌会始も楽しみに。



posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ある高校生の会話

IMG_0771.JPG
    地下鉄のホームで
    電車を待っている時、
    私の後ろで
    金髪の男子高校生が2人、
    話をしているのが、
    聞こえました。

    「オレよ〜この冬、一回も警察に
    お世話になってねえんだ〜〜」

    「へえ〜、お前 えらいなあ〜〜〜」

    おあとが、よろしいようで・・・・


posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ユトリロ回顧展

01111.jpg
    日本人に人気の画家ユトリロ。
    その絵を見に、
    松坂屋美術館に行ってきました。

    幼いユトリロは母に愛されず
    10代でアルコール依存症に
    なるという暗さを持って
    画家となった人だそうで、
    その生い立ちを知ってから絵を見ると        
    たしかに、
    人間や動物などの気配が少なく、
    孤独で、ぬくもりが感じられません。
    有名な建物の白さは、
    寒々として寂しい。
    ・・・・それなのに、
    荘厳ささえ感じて、
    見入ってしまうから
    ユトリロ、不思議な画家です。

posted by パッサカリア at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

大須観音・左義長火祭り

IMG_0836.JPG

  毎年成人の日に合わせて
  行われる大須観音の左義長焼き、通称・ドンド焼き。
  我が家のしめ縄も
  お焚きあげしてもらいました。

  読経のあと、
  うず高く積まれているお札やら正月飾りに
  いよいよ火が。
  そしてお坊さんたちの手で、次々に絵馬やらお札が
  投げ込まれました。



IMG_0863.JPG

  炎の中で、
  青竹がドンドンと
  大きな音を
  たてるところから、
  「ドンド焼」
  という名前が
  うまれたそうです。
  青竹がはぜるたびに
  大須観音の鳩が
  大慌てで飛び立つのが
  なんだか愉快です。

IMG_0885.JPG

  炎がぐんぐん高く伸びて、
  熱さが伝わってきます。

  私の隣で見ていたおじいさんが、
  「前に、一帳羅のジャンバーに
  穴があいてまったでいかんわ〜〜。
  火の粉、気、つけやあ〜」と
  話してくれました。

  恐怖さえ感じる炎の勢いです。

  どうぞ、今年も一年
  良い年になりますように。

IMG_0901.JPG


  ついでに大須商店街をぶらぶら・・

  お正月中の運動不足がたたって
  少々くたびれましたので、
  レトロな喫茶店でコーヒータイム。

  オーダーはコーヒーではなく、
  「チョコレートバナナパフェ」。
  この甘さが、
  五臓六腑に沁み込みましたゼ!!


  
  
 
posted by パッサカリア at 17:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

義を見てせざるは勇無きなり

新聞によると、
埼玉の警察は、
県道に散乱していた古紙を一人で回収した高校1年に感謝状を贈った!とありました。

高校生は、
県道に新聞紙や折り込みチラシが大量に散乱しているのを見、
一度は通り過ぎたものの、「何もしていない自分に辛くなった」と
コンビニでごみ袋を買って戻り、拾い集めた。
現場は交通量の激しい通りで、青信号になるたびにひたすら拾い続けた。
 
「女子高生が落とした荷物を一人で拾っている。かわいそうだから助けてほしい」と
署員に連絡が入ったそうです。


交通量の多い場所ならば、
横断歩道を渡る人、自転車や車で通行する人もあったでしょう。
警察に連絡をする人はいても、
この高校生に手をさしのべる人、一緒に拾ってやる人はいなかったのでしょうか?
本当にこの高校生がひとりっきりで拾っていたとしたら、
人として、私は恥ずかしい。

新聞に載った写真の高校生は、にこやかに感謝状をひろげています。
・・・・・・この高校生に、わび状もおくらねば。
posted by パッサカリア at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

姉と妹

12251.JPG
   きゅうに
   お姉さんぽくなったおちび1号が
   ほっぺをくすぐりながら
   生後3か月の妹を
   あやしています。
   柔らかな手の感触が
   よっぽど楽しいのか、
   幼い妹はケタケタと
   声をたてて笑っています。
   まだ未熟な目に
   姉の姿はどう映っているのでしょう?

   姉と妹。
   いくつ歳を重ねても、
   どんなに離れて暮らしても、
   互いを思いやって
   すごしてほしいと
   ばあばは、願います。




   

   

 
   
posted by パッサカリア at 08:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

蝋梅

IMG_0800.JPG

   名古屋の人たちは親しみこめて
   我が家近くの熱田神宮を、
   「熱田さん」と呼びます。
   その参拝の人たちを見送るように
   我が家のせまっこい庭の「蝋梅」が  
   かぐわしい風をはなっています。

IMG_0813.JPG   
   蝋細工のような花びらから、
   真っ青な空が透けて見えます。
   
   名古屋に嫁に来て早30有余年。
   雨降り雪降りのお正月は
   一度もありません。
   雲一つない空が続いています。
   「こいつぁ〜春から、縁起がいいわい〜〜」
   
 
posted by パッサカリア at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって素晴らしい一年になりますように。

12311.jpg

平成29年元旦
posted by パッサカリア at 00:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

除昼の鐘

除夜の鐘がうるさい!というので、
除夜の鐘を止めたり、昼間に打つようになったりしているというニュースを聞きました。

IMG_0390.JPG
  日本人は、とにかくクレームに弱い。
  ごくごく少数のクレームにさえも
  異常なぐらいに敏感です。
  周りにご機嫌とることに躍起になって、
  何百年もの歴史のあることも、
  親切や思いやりの心さえも、踏みにじり
  取りやめにしようとする。
  震災の時の風評もそうだった。
  毅然とした態度で
  貫くことは出来ないのだろうか。
  なんとも情けない。
  
  (クレームを言う人こそ、
  煩悩を取り去るために鐘の音をきき、
  心安らかに新年を迎えるべきです)


都会では、カウントダウンとやらで、若者があふれ大騒ぎをして、交通渋滞を起こし、
まるで無法国家のような有様だとか。こちらのほうが問題だ。
恥ずかしながら、わが町の熱田神宮の周辺も例外ではありません。
奥ゆかしさや礼儀をわきまえる心、先祖や歴史を重んじる姿勢は、
もう日本人から消えて無くなってしまったのでしょうか?

IMG_0388.JPG
  我が家の周りは、お寺だらけです。
  あっちからもこっちからも除夜の鐘が聞こえてきます。
  それと共に、熱田神宮に参拝する足音が
  紅白歌合戦が終わった頃からはじまり、
  三が日行きかいます。

  鐘の音が聞こえ始めると、私は、
  亡義父が大事にしてきた灯篭に
  灯を灯して、新しい年を迎えます。
  皆さま!
  今年一年、稚拙な文章と薄っぺらな内容の
  パッサカリアのブログにお付き合いくださり、
  まことに有難うございました。






posted by パッサカリア at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

鐘が鳴りやむまでは

12253.JPG
   長女が作ったクリスマスケーキ。
   可愛いケーキが出来上がりました!

   みんな、今日という日を
   楽しんでいるかしら?

   クリスマスという魔法がとけたら、
   現実にもどって
   いよいよ掃除やら買い出しやらに
   せいをださなくっちゃあね。
   ・・・・だから、
   12時の鐘が鳴り終わるまで
   しばし時を忘れて、
   クリスマスの夜を
   満喫しましょう〜。
posted by パッサカリア at 21:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

パッサカリアの散歩道

IMG_0743.JPG

  今年も押し迫って
  きました。

  ピアノの生徒さんの
  クリスマスプレゼントを
  買いに、
  お菓子屋さんに
  行きましたら、
  毎年購入するお菓子が
  残りわずかになっていて
  焦りました(@_@;)

IMG_0751.JPG 
  お菓子屋さんの帰り道。
  冷たい風に
  さらされながら、
  肩を寄せ合い
  踏ん張っている小菊が
  一本。
  可愛い顔をして、
  なかなかアンタ、
  根性があるでは
  ないかい。 
  オバちゃん、
  そういう人、好きよ(^^)
  

posted by パッサカリア at 13:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

昭和文化小劇場2

昭和文化小劇場のこけら落とし出演の2回目です。

  ママさんコーラス「フラワー」、アカペラグループのベル・フィオーレと
  混声合唱団「ルーチェ」の
  3つのグループで、出演してきました。

P1010477.JPG
   フラワーは、午前中、
   1回ずつしか
   練習出来ない状態で
   発表でしたが、
   それを、
   若さでカバーして、
   こけら落としに「花」を
   添えました。

   フラワースカーフを
   思い思いの巻き方で
   お洒落に〜!
   パ〜っと華やか。

P1010479.JPG

12192.JPG





  混声合唱団
  「ルーチェ」は、
  発表曲の
  底力のタンゴよろしく、
  脅しと現実と
  ハッタリ!で
  みごと?な
  発表が
  できました(^_-)
 
12191.JPG

   ア・カペラグループの「ベル・フィオーレ」は、
   伴奏が無い分、ごまかしがきかず、
   会場の響き具合によっても、出来具合というか完成度がかわるので、
   いつも内心ドキドキ。
   練習を重ねて、もう少し場数を増やしていきたいですね。今後の課題かな?

   それにしても、みなさん、お疲れ様でした。



   
posted by パッサカリア at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

パッサカリアさんちのXmas

明日、パッサカリアさんちのXmasがやってきます。

お昼には、3組の娘夫婦たちが全員が集まったら!!という条件で、
クリスマスランチをプレゼント。
このクリスマスランチも早いもので、今年で3回目。
1回目はフレンチ、2回目はドイツ料理だったので、今回はイタリアンレストランを予約しました。

その間ジジババは、おチビ達をあずかって、一緒に遊びます。
今年は、おチビが3人になって、楽しみ楽しみ。

12172.jpg

  そして夜は、サンタさんが、
  一人ひとりにプレゼントを
  持ってきてくださる手はずに。

  私は今から、明日の夕飯の買い出しと
  仕込をします。

  去年は
  白菜とバラ肉のミルフィーユと、一夜干し秋刀魚の燻製と、韓国のりのまぐろのたたきが、
  婿さんたちに、好評?でした。
  今年もいっぱい美味しいものを 作ってあげた〜い!

posted by パッサカリア at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする