2017年03月01日

原作を超える?面白さ

P1000172.JPG
  NHK・BS時代劇の
  雲霧仁左衛門3の
  最終回が
  先日、
  放送されました。

  最近、
  トントお目に
  かかれなくなった
  風格のある時代劇。
  雲霧3は、
  時代劇好きを
  十分に満足させて
  くれました。

  今回の雲霧3は、
  原作にはない
  オリジナル版だ
  そうで、
  オリジナル版というと、あまりパッとしないものが、多いですが、
  いやはや今回も、なかなかスリリングで
  原作を取り込みつつの展開は、見ごたえ十分でした。

  雲霧仁左衛門のクールさと温かさ、火盗改方の安部式部の冷静さと渋さが、
  最高でした。
  そして、演技派の俳優陣が、がっつり脇をかためて、安定感がありました。
  本当に今回で雲霧、終わってしまうのでしょうか? 残念でなりません。

  

posted by パッサカリア at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

傘おばけ??

02201.JPG
  足しか見えない
  傘お化け??

  いえいえ、
  なんでも
  大人の真似を
  してみたい
  おちび1号が
  娘(母親)の
  傘をさして
  雨の中を
  ゆらゆらゆらと
  お散歩です。
  
  
  
posted by パッサカリア at 20:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

インスタント侮るなかれ

インスタント食品を使うことに、後ろめたさを感じるほうの私ですが
忙しい時に、開き直って使っているのが、クノールの「ビスク」海老のスープです。
この味に、今 ハマっています。
インスタントとあなどるなかれ!!そして、クラムチャウダーも美味しい。

P1010525.JPG
posted by パッサカリア at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

おこしもち作りませんか?

Sさんから、「おこし餅の木型」を譲り受けたのは一年前。
譲りうけて、驚いた!相当の年代物。これは宝物です。大事にしなくっちゃあ〜!

P1010581.JPG

こんな年代物の木型、私だけが独り占めするのはもったいないので、
ひな祭りにお供えする「おこしもち」を作ってみたい方がいらしたら、
私と一緒に作ってみませんか?

    場所は、旗屋コミセンの調理室を借りるつもり。
    日時は、3月1日(水)10時から〜(出来上がりしだいオシマイ)
    費用は、一人100円ぐらい(材料費だけね)1人3個ぐらい作れるといいね。
    また詳しいことはブログにUPしますので、チェックしてください。

    参加したい人は、連絡してね。
  
posted by パッサカリア at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

パピトン&山内嬢

  美味しいcakeとCoffeeがいただきたいのと、
  山内敦子さんのピアノが聴きたいので
  覚王山のパピトンまで、愛車を走らせました。
  お目当てのケーキ(今日はチーズケーキをいただく予定)どころか、
  ショーケースの中は、すべて完売。そして満席。人気のほどがうかがえます。

P1010560.JPG

   もうすぐValentineです。
   山内さんの弾かれるピアノも
   エルガーの愛のあいさつ〜サティーのJe te veux (おまえが欲しい)まで、
   愛の曲一色に塗られました。

   山内敦子さんは2月26日電気文化会館ザ・コンサートホールにおいて、
   リサイタルを開かれます。お時間がありましたら、ご参加ください。
   
posted by パッサカリア at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

庭Before After

IMG_1118.JPG

  恥ずかしいほど、ちっさい我が家の庭。
  そこには、イチジクの木、榊、蝋梅、灯篭、
  そして、お茶席の庭にみたてて、大きな踏み石がゴロンゴロンと埋まっています。
  このたび、思い切ってサッパリすることにしました。

  狭すぎて、機械は入ることが出来ませんので、
  庭師さん2人が、手作業です。

P1010549.JPG
  30年来のイチジクは
  土が少ないせいで、
  この数年、
  あまり生らなくなり、
  そのおかげで、
  あっという間に、
  スポッツと
  抜けてしまいました。


  ・・・・・が、難儀だったのは、灯篭。
  土台部分が、深く大きく持ち上げることが出来ません。
  土台を割って、なんとか運べました。
  庭師さんの話だと、この灯篭は戦前の造りだそうです。
  そうかあ〜、この灯篭は、
  あの熱田大空襲も、名古屋城が燃えた時も、伊勢湾台風も見てきたんだね。
  ごめんね、私たちの都合で撤去させてもらうけど、
  永いこと見守ってくれて、ありがとうございました。

  ・・・・そして作業時間2時間弱。  サッパリ!!

  おチビ達に野菜を育てさせたり、収穫させたり、
  そして、心なごむ愛らしい花たちも、植えることにします。

P1010557.JPG

posted by パッサカリア at 11:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

苺のプリンタルトとするめ

IMG_1094.JPG

  山内敦子さんのピアノを聴きに、久々のパピトン!にお邪魔しました。

  「たまには美味しいケーキと山内さんのピアノを一緒に聴かない〜!」と、
  夜ごと、大騒ぎのおちび2号のせいで、
  少々グロッキー気味の長女夫婦を、誘いました。
  
IMG_1091.JPG
  私は、新作の
  「苺のプリンタルト」をチョイス。
  甘さ控えめのジャムっぽいイチゴに
  プリン液の融合。
  こういうタルトは未だかつて
  いただいたことがない。
  ああだこうだと
  講釈をのべるまでもなく
  大変美味しゅう〜ございました。

  山内敦子さんは、来月26日、
  電気文化会館 ザ・コンサートホール
  において、6回目のリサイタルを
  開かれます。

  プログラムは、
  シューマン 幻想小曲集 ベートーヴェン ピアノソナタ 「月光」
  ショパン 「子犬のワルツ」など、ピアノ曲のお馴染みさんが登場します。
  是非、聴きに行きませんか?

IMG_1099.JPG


  プレイエルのピアノの前で、記念に一枚。
  おちび2号はまだ、ケーキもコーヒーも飲めません。
  しかあ〜し、するめがあれば、ご満悦(*^。^*)
  
posted by パッサカリア at 17:22| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

コーラスクラブ新年会

P1010530.JPG

  高年大学コーラスクラブ。今年度は、文化祭・なごやか音楽祭に加え、
  昭和区文化小劇場のこけら落としにも、参加してきました。
  今年度の発表も、残すところ、
  3月2日熱田文化小劇場での、「歌声サミット」のみと、なりました。
  それも、今まで通り、楽しく元気よくやり過ごしていきましょう〜\(^o^)/

  新年会で、ピンクレディーのペッパー警部を踊りまくる女性軍とM先生。
  本日、一番の大うけでした。
  
posted by パッサカリア at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

知多半島ぶらりぶらぶら

IMG_1051.JPG
  昨日の続編です。

  南知多三十三観音の
  18番札所の「光明寺」、
  またの名を
  「ふぐ薬師」に、
  立ち寄りました。

  こちらのお寺、
  海の町の人々に愛され、
  地域に根差してきた
  お寺さんです。
  それはお寺の中の仏様でも
  わかります。

  まず手水。なんと、タ〜コ!

IMG_1053.JPG

  そして、魚天観音。
  魚を釣る人、売る人
  料理する人、食べる人の
  ための観音さまです。
  さすが、
  海と共にある、
  知多ならではの
  観音さまです。

  福々しいお顔、
  誰かに似てるなあ〜。

  そして
  ごめんなさい地蔵。
  小さな虫を殺したとき、
  嘘をついたときなど、
  懺悔をするための
  お地蔵さまだそうです。
  ・・・こんな可愛いお顔のお地蔵様なら、
  私も正直に懺悔してしまおうかな?
  「昨日、主人の酒のつまみに出したハムね、
  ホントは2週間も賞味期限が切れてたの、黙って出したけど、ごめんなさい」

IMG_1060.JPG
posted by パッサカリア at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

知多半島ぶらり

IMG_1007.JPG
   今日は完全OFFなので、
   久しぶりに半日ドライブ。
   知多半島を走りました。

   おお〜素晴らしい〜空と海の
   青さのマリアージュ。
   ・・・・・見とれていると、
   突然、野間の灯台の白さが乱入。

   車の中はぬくぬくとあったかだけど
   漁をする人は、寒かろう・・・・・
   ご苦労さまなことです。

IMG_1017.JPG

   車を走らせること2時間。 
   昼食は、やっぱり
   「まるは食堂」。
   ここのぶっといエビフライは
   超有名です。

IMG_1029.JPG

  エビフライの写真を
  撮ろうとしましたら、
  それを
  待っていたかのように
  窓の向うのゆりかもめが
  一斉に、飛び立ちました。
  Good Timing!!
  
  最高の写真が撮れた!と
  ニンマリしていたら、
  鳥なんだか、波なんだか
  ゴミなんだかわからない。
  まあ〜〜そんなに
  調子の良いようには
  いかないわねえ〜〜〜
  
  まるは食堂には、
  日帰りのお風呂も
  あって、平日の今日は空き空き。 平日、ねらい目よ。
  
  

  
   
posted by パッサカリア at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

ぶらっと居酒屋探訪

01211.jpg
  主人と二人、ちょっと用事で出かけた帰り道。
  ・・・・
  赤い提灯に誘われて、
  暖簾をくぐった居酒屋さん。
  お店のご主人が串を焼いて、
  奥さんがキビキビと
  動いている小さなお店の
  尾頭橋のとり吉。

  使い込んだカウンターと、
  煙で十分に燻された壁と天井。
  お上手にも、お洒落な店ではないけれど、
  人なつっこいご主人の対応ぶりが、居心地が良く、
  ついつい長居をしてしまいました。
 
 01212.jpg 

  炭火でじっくり焼く「焼き鳥」。
  ちょっと焼きすぎじゃないの?!と
  心配したのですが、
  この焦げ具合が、なぜだか懐かしく、
  そして香ばしい。
  今日日なかなか焦げめのある食べ物に
  お目にかかれない。OH~レトロ!!

  「青ジソ巻き」もたのんでみました。
  お皿に添えられたものはお味噌!
  とおもったら、
  なんと〜、ゆるめに練った梅干しでした。
  これがサッパリとして、美味でした。

  私はまったくの下戸だけれど、こういう雰囲気は嫌いじゃない。
  いや、こういうところに出入りできるなんて、
  イッパシの仕事が出来る女みたいで、実は、ウレシイ。
     
posted by パッサカリア at 00:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

写真の舞台裏

01201.jpg

  娘から、おチビ1号と
  おチビ3号の写真が
  送られてきました。

  孫の笑顔に
  ジジババは、
  鼻の下を
  なが〜くして、
  見入っておりました。

  しか〜ぁし、次に
  送られてきた写真は 
  衝撃的。

  なんとか笑わせようと
  涙ぐましい奮闘ぶりが、
  ありました〜!!
   
01202.JPG
posted by パッサカリア at 11:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

にわかに賑やかに

IMG_0998.JPG
   娘たち3人が
   お世話になった幼稚園。

   そこで、週に一度、
   3歳以下の子のための
   「とんとん教室」が
   あるので、今度は、
   孫のおちび1号が
   お世話になっています。
   ・・・・そして
   たっぷり遊んだ帰りには、
   我が家に寄って
   ジジババと一緒に
   お昼を食べる!というのが 
   お決まりのパターン。
 
   この「とんとん教室」、
   おちび1号が楽しみしているのですが、
   本当のところ、
   一番楽しみにしているのは、
   我らジジババ2人です。

   そろそろ幼稚園から帰ってくる頃ではないのかと、玄関と外を行ったり来たり・・・・
   お鍋のスープの火を何度もつけたり消したり・・・・

IMG_1005.JPG












   いつもはダークな色彩の我が家が、
   おちび1号の出現で、ピンクや赤や黄色が飛び交い、
   にわかに賑やかになります。

   
posted by パッサカリア at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

本・蓮如物語

P1010517.JPG
  仏ほっとけ!の私が、
  こともあろうに
  今から
  500年ほど昔の
  浄土真宗のお坊さまの、
  「蓮如物語」を、
  読みました。


  子どものために書かれた本!ですが、
  物の豊かなこの時代に、人の心を感じるこの本は、
  大人も十分楽しめます。


  連如は、貧しい寺の子供として生まれ、
  六歳の時に生みの母親とひきさかれます。
  別れ際、母親が言い残した言葉をたよりに
  飢えや戦乱の世に、人々を救い、85歳まで生きぬきます。

  角川文庫から出ています。
  
posted by パッサカリア at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

寒波

IMG_0937.JPG
   週末から、全国的に大寒波。
   ニュースでは
   雪による事故を伝えていますが、
   皆さまのところは、大丈夫でしょうか?

   当地も例外ではなく、
   しっかりと寒波に見舞われました。
   土曜日の夜から降り始めた雪は、
   日曜日の朝には随分積もりました。
   早朝、メジャーで計ってみると
   OH~、8センチもありました。

IMG_0977.JPG




  その雪も
  お日様がニコニコしはじめ、
  青空が広がると、
  まるで、はにかむように
  少しずつ、解けはじめました。
  まあ〜名古屋の雪降りは、
  だいたいこんなもんです。
  
IMG_0991.JPG








   雪に耐えながら、
   お日様を待っている公園の
   寒椿が、いじらしい。
   光は、
   もうすぐそこまで
   やってきている。
  
   
posted by パッサカリア at 22:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

国立劇場版のppap

おチビ1号が、盛んに「アポーペン パイナポーペーン」とやりだして
巷で、ピコ太郎なる少々人相の悪いキンキラなおじさんが
大流行していることを、知りました。
何が面白いのか??、さっぱり理解できない私ですが・・・・。


今、国立劇場がそれをアレンジしたものが、大変話題になっているんだとか。 
三味線、笛、小鼓、大鼓、太鼓の長唄囃子の奏者の、
その名も「PNSP(ペンヌリサンポーサンポーペン)」。
(サンポーは神事に用いられる三方、ヌリサンポーは塗り三方のこと)

 荘厳な笛の音色が響く中、国立劇場のマスコット「くろごちゃん」が筆と三方を持って登場。
真面目でクオリティーの高い演奏と唄、そして「くろごちゃん」のかわいらしい動きが
ミスマッチな2分間に仕上がっている。
プロが本気を出すと、こんなにも、面白い。




posted by パッサカリア at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

歌会始

IMG_0427.JPG
    新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が、
    皇居・松の間で行われました。
    今年のお題は「野」で、
    2万首を超える応募から選ばれた10首のほか、
    皇族方の歌が詠み上げられ、
    最後に天皇さまのお歌が披露されました。

    文才など微塵もない私には、さっぱりわからない世界ですが、
    言葉の豊かさや、制約された文字の中に
    凝縮された思いを見つけて、なあ〜るほどとえらそうに思ったり
    ・・・・・・日本語の奥深さを感じいった次第です。


大御歌(おおみうた)は、
    那須御用邸で静養中、皇后さまと、
    コオロギの仲間・邯鄲(かんたん)の鳴き声を聴きにお出かけされた思い出を詠まれました。

      「邯鄲の 鳴く音(ね)聞かむと 那須の野に
                     集ひし夜を なつかしみ思ふ」


日嗣の皇子の妃(ひつぎのみこのみめ)。雅子さまのことです。
とってもあたたかいお歌です。

       「那須の野を親子三人(みたり)で歩みつつ  
                吾子に教(をし)ふる 秋の花の名」

入選の中では、
       「筆先に小さな春をひそませて
                ふっくら画(えが)く 里の野山を」

       「歩みゆく秋日ゆたけき武蔵野に
                 浅黄斑蝶(あさぎまだら)の旅を見送る」

来年のお題は「語」。
説明を聞かなければならない難解な歌は、チト敬遠ですが、来年の歌会始も楽しみに。



posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ある高校生の会話

IMG_0771.JPG
    地下鉄のホームで
    電車を待っている時、
    私の後ろで
    金髪の男子高校生が2人、
    話をしているのが、
    聞こえました。

    「オレよ〜この冬、一回も警察に
    お世話になってねえんだ〜〜」

    「へえ〜、お前 えらいなあ〜〜〜」

    おあとが、よろしいようで・・・・


posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ユトリロ回顧展

01111.jpg
    日本人に人気の画家ユトリロ。
    その絵を見に、
    松坂屋美術館に行ってきました。

    幼いユトリロは母に愛されず
    10代でアルコール依存症に
    なるという暗さを持って
    画家となった人だそうで、
    その生い立ちを知ってから絵を見ると        
    たしかに、
    人間や動物などの気配が少なく、
    孤独で、ぬくもりが感じられません。
    有名な建物の白さは、
    寒々として寂しい。
    ・・・・それなのに、
    荘厳ささえ感じて、
    見入ってしまうから
    ユトリロ、不思議な画家です。

posted by パッサカリア at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

大須観音・左義長火祭り

IMG_0836.JPG

  毎年成人の日に合わせて
  行われる大須観音の左義長焼き、通称・ドンド焼き。
  我が家のしめ縄も
  お焚きあげしてもらいました。

  読経のあと、
  うず高く積まれているお札やら正月飾りに
  いよいよ火が。
  そしてお坊さんたちの手で、次々に絵馬やらお札が
  投げ込まれました。



IMG_0863.JPG

  炎の中で、
  青竹がドンドンと
  大きな音を
  たてるところから、
  「ドンド焼」
  という名前が
  うまれたそうです。
  青竹がはぜるたびに
  大須観音の鳩が
  大慌てで飛び立つのが
  なんだか愉快です。

IMG_0885.JPG

  炎がぐんぐん高く伸びて、
  熱さが伝わってきます。

  私の隣で見ていたおじいさんが、
  「前に、一帳羅のジャンバーに
  穴があいてまったでいかんわ〜〜。
  火の粉、気、つけやあ〜」と
  話してくれました。

  恐怖さえ感じる炎の勢いです。

  どうぞ、今年も一年
  良い年になりますように。

IMG_0901.JPG


  ついでに大須商店街をぶらぶら・・

  お正月中の運動不足がたたって
  少々くたびれましたので、
  レトロな喫茶店でコーヒータイム。

  オーダーはコーヒーではなく、
  「チョコレートバナナパフェ」。
  この甘さが、
  五臓六腑に沁み込みましたゼ!!


  
  
 
posted by パッサカリア at 17:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする