2017年09月13日

既製品のすごさ

P1010993.JPG
   先日、購入したチュニックの着心地が
   とてもよかったので、
   あちこち採寸して、型紙をおこし、
   同じ雰囲気のチュニックを
   仕立てました。
   
   チュニックを、
   ひっくり返してっくり返ししてよ〜く見ると、
   合理的な既製服に、大いに学ぶことが多く、
   感心しきりです。
  
   昔、教えていただいた洋裁の先生が、
   侮蔑の言葉で
   既製品の縫製について
   話されたのを記憶しています。
   手間をかけたオーダーの素晴らしさは
   もちろんですが、既製品の簡素化した型紙と合理的な縫製も、
   決して悪いものではないと・・・・。

P1010994.JPG
   私が買った既製品のチュニックは、
   麻とレーヨンの混紡でした。
   今回仕立てたのは、ニット生地で、
   たらんと落ちすぎて、かえって足にまとわりつきました。
   少しハリのある生地のほうが
   チュニックにはいいかもしれません。
   (これは、Tシャツにして、丈を短くするつもり)
   
   肌のくすんだオバサンには危険な茶色ですが、
   少し赤みがあるので、エイヤッ!と
   思い切って仕立てました。
  
posted by パッサカリア at 10:17| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: