2017年06月06日

NHKやまと尼寺精進日記

NHKのドキュメンタリー「やまと尼寺精進日記」は、
4月から、毎月1回(最終日曜日18時から)放送されるようになりました。

奈良の山深い尼寺で暮らすご住職さんたちの、四季折々の生活の営みと、
そこから生まれる料理たちが、実に美味しそうです。
タケノコの時期には、タケノコ料理を。木の芽の頃には木の芽味噌を。
それは、季節や一日一日を丁寧に生きるからこそ生まれる、味わいでしょう〜。
ご住職たちは、よく食べ、よく笑う。
そんな自然な姿に共感しつつ、時々料理を真似しています。

P1010753.JPG
   先日、放送の
   「木の芽味噌の田楽」。
   さっそく作ってみました。

   スーパーで1パック調達。
   急いですらないと
   色が変わる!と住職さんが、
   言ってらしたので、
   私も必死で?すりました。
   ・・・・・が、1パックの木の芽の量では、
   すり鉢の溝にハマり込んで、あとかたもありません。
   3パックぐらい欲しいところです。
   溝に入り込んだ木の芽を、みりんとお酒をたらしておびき寄せ、さらにスリスリ。
   TVでは、砂糖と白みそ同量を入れて、すりましたが、私は砂糖をひかえました。

P1010755.JPG

  水切りしたお豆腐を
  油を引いた
  フライパンで
  両面焼いて
  木の芽味噌を
  ぬって、出来上がり。
  家庭料理なら、
  竹串無しでも十分。

  この木の芽味噌は、一年保存がきくと、住職さん。

  季節を取り入れた料理が満載で、次の放送が、楽しみです。
  


  
posted by パッサカリア at 14:16| Comment(2) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木の芽味噌 最近はすっかり作らなくなりました。
庭の木の芽がぷくっと芽吹くと 竹藪では筍が頭を持ち上げてきます。
季節感あふれる関係です。
木の芽味噌が一年も持つとは知りませんでした。
まとめて作って おけばいいんですね。
Posted by ようちゃんばあば at 2017年06月07日 07:04
ようちゃんばあばさん、こんばんは。
一年間もつ!とは言ってらっしゃいましたが、
どうなんでしょうねえ〜〜冷凍などして!という意味ではないかと思ったんでが、詳しいことはTVではおっしゃらなかったんです。
Posted by パッサカリア at 2017年06月07日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: