2017年05月31日

カメラのワークショップ11

2か月ぶりに、「和を写す」をテーマにしたワークショップに参加してきました。
和風な物を写す時には、
露出補正をして全体を暗めにすると雰囲気のあるものが写せるんだとか。
ならば〜〜ということで、ちょっとトーンを落として写してみました。

さびれた港の居酒屋。
愛想っ気ないオバサンが、あぶったイカのつまみを出す。
不揃いのとっくりとお猪口、それでチビチビ呑んでるっちゅう〜
そんなイメージの写真かな?

IMG_1317.JPG
posted by パッサカリア at 13:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい感じですね。
これで熱燗飲んだら最高!
自分の作品も綺麗に見えるように撮りたいのですがなかなか上手くとれません。
光の加減だけじゃなくバランスも大切なんですね。
Posted by タンバタン at 2017年06月01日 16:46
こんにちは、タンバタンさん。
そうですね、写真って難しいです。
よくわからないので、ワークショップで教えてもらうんですが、露出とか構図とか難しいことを言われるんです。
結局のところ、洋服作りや音楽と一緒で、センスの問題ではないかと思います。とても奥が深くて、私には無理な世界です。
Posted by パッサカリア at 2017年06月01日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: