2016年12月30日

除昼の鐘

除夜の鐘がうるさい!というので、
除夜の鐘を止めたり、昼間に打つようになったりしているというニュースを聞きました。

IMG_0390.JPG
  日本人は、とにかくクレームに弱い。
  ごくごく少数のクレームにさえも
  異常なぐらいに敏感です。
  周りにご機嫌とることに躍起になって、
  何百年もの歴史のあることも、
  親切や思いやりの心さえも、踏みにじり
  取りやめにしようとする。
  震災の時の風評もそうだった。
  毅然とした態度で
  貫くことは出来ないのだろうか。
  なんとも情けない。
  
  (クレームを言う人こそ、
  煩悩を取り去るために鐘の音をきき、
  心安らかに新年を迎えるべきです)


都会では、カウントダウンとやらで、若者があふれ大騒ぎをして、交通渋滞を起こし、
まるで無法国家のような有様だとか。こちらのほうが問題だ。
恥ずかしながら、わが町の熱田神宮の周辺も例外ではありません。
奥ゆかしさや礼儀をわきまえる心、先祖や歴史を重んじる姿勢は、
もう日本人から消えて無くなってしまったのでしょうか?

IMG_0388.JPG
  我が家の周りは、お寺だらけです。
  あっちからもこっちからも除夜の鐘が聞こえてきます。
  それと共に、熱田神宮に参拝する足音が
  紅白歌合戦が終わった頃からはじまり、
  三が日行きかいます。

  鐘の音が聞こえ始めると、私は、
  亡義父が大事にしてきた灯篭に
  灯を灯して、新しい年を迎えます。
  皆さま!
  今年一年、稚拙な文章と薄っぺらな内容の
  パッサカリアのブログにお付き合いくださり、
  まことに有難うございました。






posted by パッサカリア at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: