2017年03月25日

イスの足にはご用心

  去年の12月、あわてて、
  イスの足に自分の足の指を引っかけてしまいました。

  ん〜〜〜〜っ、声も出ないほど、いたかった(@_@;)
  案の定、華奢?な私の足の指は、真っ黒ケッケになり、
  「あわて者め!」とあざ笑うように、プーッとふくらんでしまいました。

  真っ黒ケッケのプーでは、
  足の指がどうなっているのか、病院に行くまでもありません。

03251.jpg

  
  話をきくと、けっこう、足の指を引っかけたという人がいるのには驚きです。
  そういう経験者に、
  憐れんでもらおう〜いたわってもらおう〜っと
  足の指の痛さを切々と語ってみるのですが、
  そういう人はみな同様に、
  “ギブスも出来ないから、湿布もらって帰るだけ”と、
  苦痛にゆがんだ私の顔を見ながら、ブハハ〜と笑いとばすのです(−−〆)。

  私の友人は特段、豪傑でもなければ、プロレスラーのようでもないので
  そんなふうに、言われてみると、
  病院へ行くのもバカバカしくなり、億劫になって・・・・・ならば、
  時間という特効薬に治してもらうことにしよう〜と、決めましたッ!
  あれから4ヶ月。
  足の指は、もう何事も無かったように、完全復活です。
  
  でもみなさま、イスの足にはくれぐれもご用心ご用心。
posted by パッサカリア at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: