2017年09月01日

おちびの服・洋裁曜日

  久々に娘たちが来ない(・・ということは孫も来ない)静かな日。
  季節を忘れたたわけ者の蝉の声が、かすかに聞こえてきます。

  こんな日は、布と娘たちの置いて行った洋服と・・おまけに母の着物も増えて、
  まるでゴミ屋敷状態になっている洋裁部屋の整理をかねて、終日、洋裁に徹しました。

P1010977.JPG
   おちびたちの服も
   秋ものを
   準備せねば
   なりません。
   しかし、今日はまず、
   夏の布の
   在庫整理から。
   サッカー地で、
   ワンピースと
   ブラウスを
   作りました。


P1010976.JPG
   ↑こちらは黄色のアンパンマンのワンピース。
   見返しは、
   娘たちがお産の時、産婦人科で
   いただいた「さらし」を利用しました。
   (さらしが孫3人分で三反あるのですが、
   なかなか利用できずにいます)

   ピンクののブラウスも夏のサッカー地。
   後ろの襟ぐりにゴムが入るデザインは、
   かぶりの服を楽ちんに着れるgood ideaで、
   なかなか合理的だと思います。
   佐藤かなさんの本≪女の子に毎日着せたい服≫の
   デザインです。

08311.JPG

  「お揃いの洋服を着せたい」という
  娘の希望を叶えるべく、
  姉妹お揃いのTシャツを、作りました。
  ラグラン袖でTシャツは
  初チャレンジでドキドキしましたが、
  布をきちんと裁ってさえいれば、
  私のような初心者でも、
  縫えないことはないなあ〜〜と。

P1010978.JPG 


   このあとは、
   処分する予定だった古着のリメイクです。

   ←白のズボン(レギンス)は、
   娘の半そでTシャツから作りました。
   生地が、編み込み風で地厚です。
   前・後ろ身ごろで出来ました。

   ←デニムのスカートは、元は、娘のスカート。
   縮小して、花のレースで可愛く。

P1010979.JPG
  おちびのお揃いのズボンは、
  私のウール混紡の地厚なTシャツをリメイクしました。
  大きいほうは、前と後ろ身ごろで。 
  小さいほうは、両袖だけで完成しました。

P1010980.JPG


  こちらはいただきもののエプロン。
  色が鮮やかすぎて、ずいぶん昔から
  未使用のまま、洋裁部屋の箱の住人でした。
  エプロンの柄の部分と無地の部分を
  交互に配置するため、8枚はぎにしたら、
  スカートの長さはこれで精いっぱい。
  足りない分をリブ編みのニット地で足しました。

  おちびたちの洋服を作る幸せを味わいながら、
  少しでも布の在庫を減らして、洋裁部屋をスッキリしたい気持ちは、山々なのよ。
 
posted by パッサカリア at 22:41| Comment(2) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする