2017年03月08日

長女のクッキング教室

03071.JPG

  長女が教える料理教室。
  今回のメニューは、
  大人も子供も大好きなオムライスとけっこう手間がかかるコロッケ。
  盛り付けも、大人と子供と、工夫をしてみたよっと、
  写真が送られてきました。

  教えるほうも教わるほうも、おんぶに抱っこのクッキング教室。
  若いママさんたちの意欲に、ブラビー!!


 
posted by パッサカリア at 09:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

ルーチェの整理券

03072.jpg
 来月12日(水)電気文化会館
 ザ・コンサートホールで開催する
 混声合唱団「ルーチェ」の
 定期演奏会“spring concert”
 その打ち合わせのため、
 団長Hさん、実行委員Kさん
 M先生と私で、
 電気文化会館へ行ってきました。

 整理券について、電気文化会館にも私のところにも、お問い合わせがありますが、
 電気文化会館・市民会館・旗屋コミセン・生花万徳さんに
 設置をお願いした整理券は、すべて完売です。
 私の手元にも、一枚もありません。
 ひょっとしたら、
 実行委員が何枚か持っているかもしれませんので、そちらへ、おたずね下さい。  
 090ー1239ー4078
 

posted by パッサカリア at 17:14| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

二人の料理研究家

IMG_1310.JPG
   NHKのBS
   プレミアムカフェで
   過去に放送され
   話題だったという
   番組が、二つ
   再放送されました。
   二つの番組の
   主役の
   共通する職業は、
   料理研究家。
   佐藤初女さん(放送当時84歳)と辰巳芳子(放送当時82歳)さんです。

   初女さんは青森の人で、嬉しいことに私の高校の大先輩なのです。
   映し出される料理には、何一つ特別な物はありません。
   季節が育ててくれた食材を、一つ一つ丁寧に料理する。
   それは、ぬくもりを感じさせるものばかりでした。
   初女さんのにぎるおむすびに
   心を癒されにやってくる人が多いのです。

   そして、辰巳芳子さん。
   辰巳さんの作られるスープは、命のスープ!と言われていますが、
   食べるということは生きるということと言われるとおり、
   食べる人に寄り添った作り方は、もう愛情そのものでした。
  
   私の作る料理は、どうなんだろう〜反省しきりでした。

   手間を惜しまず、心をこめて、丁寧に料理を作ること。
   そこから生まれる食べ物は、命をつなぐ力があるということ。
   素晴らしい料理家お二人の生き方に、大変感銘を受けました。

posted by パッサカリア at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

幸せになるために生れて

「歌声サミット」の受付をしてくれたRちゃんは、
ピアノの生徒さんで、現在、保育科の一年生です。
そのRちゃんが、実習で一週間、
養護施設(2〜18歳まで、家庭的に問題のある子供たちが入所しています)に
行った時のことを、話してくれました。
・・・・・その話があまりにも悲しく、
私は耐えきれずに、Rちゃんの前で、ボロボロに泣いてしまいました。

P1020310.JPG
  それは、小さな男の子が
  Rちゃんに話してくれたことです。

  「僕はママのことが大好きなのに、
   ママは僕のことが
   大っ嫌いだって言うんだよ」

母親が我が子に、
どうしたら、
こんな残酷な言葉が言えるので
しょうか?
どんな過酷な人生を
送っているとしても
この母親を許せない。恨みます。

人はみな、幸せになるために、
この世に生れてくると、私は信じています。
たとえどんな不幸なことに出会っても、
親にさえ愛されていれば、生きていくことが出来ると。

どうぞこの子が、心を曲げず、穏やかに日々を過ごして行けますように。
いつか、愛情いっぱいいっぱいの幸せが、この子のもとにやってきますように。
ただただ、神さまにお願いします。
posted by パッサカリア at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

主人、走る

P1010587.JPG


IMG_1215.JPG
  久しぶりにOFFだった先日。
  ちらしずしと蛤のお吸い物を
  作りました。
  娘たちの専属宅配便の主人が、
  うれしそーな顔をして、
  イソイソと配達に
  出かけていきました。
  
posted by パッサカリア at 14:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

歌声サミット二部

IMG_1228.JPG
  M先生のお友だちのIさんと
  ピアノの生徒のRちゃんと
  教え子のカメソンの3人に、
  裏方と受付の仕事を
  がっちり固めてもらいました。

 20分の休憩のあといよいよ2部の開始です。

IMG_1264.JPG

  二部のトップバッターは、「イカメン合唱団」。
  今年は真面目に歌っています・闘牛士の歌・風の民の歌・イカメンはつらいよ
  鬼のパンツ&名古屋城・シャル ウイ ダンス・泉のほとり
  (シャル ウイ ダンスで、華麗(加齢)なダンスも披露!)

IMG_1272.JPG

  お次は、アカペラグループのベル・フィオーレ
  夕焼けこやけ・蛙のポルカ・カラー オブ ザ ウィンドウ
  アカペラは、いつもドキドキ。ごまかしがきかない。

IMG_1281.JPG

   3番目は、白川ハーモニック・クラブAチーム。
   雪になりたい・あの素晴らしい愛をもう一度・友よ北の空へ

IMG_1290.JPG


  そして「歌声サミット」の最後は、白川ハーモニック・クラブBチーム。
  踊る少女・君をのせて・友よ北の空へ

IMG_1231.JPG
  
  ずいぶんとお客さまも
  来ていただけて
  客席も
  うまっていました。
  嬉しい嬉しい。


IMG_1232.JPG
  全体合唱には
  「うれしいひな祭り」を
  四番まで、歌いました。

  みなさんに協力して頂いて、
  気兼ねが無い、身内だけの
  発表も、楽しいものですね。
  
  ・・・・また来年も
  開催できたら、いいがなあ〜。
 

posted by パッサカリア at 17:56| Comment(0) | アルコバレーノ音楽企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

歌声サミット一部

IMG_1229.JPG
   シニアコーラス交歓会が
   今年から無くなり、
   春の発表の場がありません。

   〜〜〜だったら、
   作ってしまおう!!と
   身内の合唱団のみの、
   発表会「歌声サミット」を立ち上げました。

P1010589.JPG
  なるべくみなさんの
  経済的負担が少ないように
  熱田文化小劇場の
  平日の午後の しかも、
  一コマ分しか借りません。
  どうです、この度胸の良さ!
  見上げたものでショッ!?

  1時に出演者会場入り、合唱台をなんと15分で設置、
  開場20分でお客さまが入る。そして40分に開演です。
  ですから、着替えもおっせおせのキッチキチ。リハーサルもな〜し。  
  これが正真正銘の “ぶっつけ本番”ってやつ。

P1010603.JPG
 
  トップバッターは、先日Dサービス訪問をしてきたばかりの「コール・ネーベ」。
  サウンド オブ ミュージックより、エーデルワイス・私のお気に入り・ドレミの歌。

03022.jpg

  二番目は、高年大学コーラスクラブ。30期は最後の発表です。
  季節の色・レッツ サーチ フォー トモロウ・オーソレミオ・忘れはしない

03023.jpg

  お次は、ママさんコーラス「フラワー」。
  木綿のハンカチーフ・海を見つめて・さびしいカシの木
  
P1010609.JPG

   一部の最後は、混声合唱団「ルーチェ」。
   美しい季節(とき)・いのちの歌・あの鐘を鳴らすのはあなた



  
posted by パッサカリア at 22:50| Comment(0) | アルコバレーノ音楽企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

原作を超える?面白さ

P1000172.JPG
  NHK・BS時代劇の
  雲霧仁左衛門3の
  最終回が
  先日、
  放送されました。

  最近、
  トントお目に
  かかれなくなった
  風格のある時代劇。
  雲霧3は、
  時代劇好きを
  十分に満足させて
  くれました。

  今回の雲霧3は、
  原作にはない
  オリジナル版だ
  そうで、
  オリジナル版というと、あまりパッとしないものが、多いですが、
  いやはや今回も、なかなかスリリングで
  原作を取り込みつつの展開は、見ごたえ十分でした。

  雲霧仁左衛門のクールさと温かさ、火盗改方の安部式部の冷静さと渋さが、
  最高でした。
  そして、演技派の俳優陣が、がっつり脇をかためて、安定感がありました。
  本当に今回で雲霧、終わってしまうのでしょうか? 残念でなりません。

  

posted by パッサカリア at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする