2016年06月30日

本・閑話一滴

水上勉の「閑話一滴」を読みました。その中に、≪おりんの墓≫という話が入っていました。

P1010771.JPG
   福井の村のはずれに、
   粗末な阿弥陀様をまつるお堂があって、
   江戸時代、
   おりんという瞽女(ごぜ)が
   ここに泊まり、病気で亡くなりました。
   おりんには、
   手引きをしていた娘がいて、
   母親の死後も村にとどまり、
   裁縫や読み書きを教えて
   暮らしていましたが、いつの間にか、
   居なくなってしまいました。
   それから何年か経って、
   その娘が尼になり、この村にやってきて、
   母親の墓を建てたいと頼みました。
   尼娘は、地蔵の一体を彫らせて奉納しました。
   お盆が来るたびに村の人々は、お堂の前に集まって瞽女の霊魂を弔い、
   今も、そのお地蔵さまの前には、花やお供え物がとぎれたことがないのだそうです。
   (写真はそのお地蔵様ではありません、奈良を訪れた時、ひっそりとたってらしたお地蔵様です)

  水上勉はこの話を元にして「雁の寺」を書き、
  さらには「はなれ瞽女おりん」という作品が出来たということです。

90年以上昔、
わずか9歳で、口減らしのために、福井の田舎から京都の寺にお坊さんとして出された作家・水上勉。
「閑話一滴」という本の中には、「おりんの墓」の他に、
子供の頃に辛かった修業時代の話もいっぱいで、目頭があつくなりました。
著名な作家の、思わぬ生い立ちに、涙がこぼれました。
posted by パッサカリア at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

日本画を見に

東京・中目黒にある「郷(さと)さくら美術館」の作品を展示した「現代日本画名品展」を見に、
松坂屋美術館に、ぷら〜っと行ってきました。

IMG_8557.JPG


凛とした意志を持ち、今まさに射抜こうとする気迫のある「吉備津の弓」と、
小雨にうたれるボタンの「雨に咲く」の二枚の絵に、特に心動かされました。
ちょうど、絵葉書もあったので、買い求めました。

ただ≪花≫だけの、きれいきれいな絵や写真は、ツマラナイ!と思っているのですが、
この絵の説明文を読みましたら、なぜボタンを題材にしたのかがわかって、
とりわけ素晴らしく感じた次第です。
その説明文を書き留めてきましたので、ご紹介します。

    ぼたんの花は雨に弱い。
    雨にあたると一瞬にして、その端正な容姿を変えてしまう。
    その後、天気が回復してもその姿を元にもどそうとしない。
    花の王でありながら、雨に打ちひしがれた姿は何とも無残に見える。
    降りだしの雨に耐えながら、美しい形を保っているのはほんのひととき。
    そこをとらえて写生する。
    こちらも真剣、花も懸命に耐えている。紙がぬれて鉛筆が走らなくなる。
    一瞬の気のゆるみが勝負を分けてしまう。

http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/2016_gendainihonga/

posted by パッサカリア at 17:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

30年ぶり

IMG_4951.JPG
 思わぬ場所で、
 昔の仕事仲間に
 会いました。

 年賀状のやり取りは
 あったものの、
 彼女は
 小学校にかわって、
 私は
 専業主婦になって、
 30年、会うことは
 有りませんでした。

 30年前とちっとも変わらない若々しい彼女と、
 2週間後のこの時間この場所で、思い出話をしながら「ゆっくりお茶しよう〜!」と約束をしました。
 
posted by パッサカリア at 21:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

日曜日の朝の音


  これからそれぞれのお宅が窓を開けて、涼しさを取り込む季節が続きます。
  そうなると気になるのは、生活の中で生まれる「音」です。  

IMG_7995.JPG

 
  早朝、恐ろしい地声で、裏のアパートに訪れる、おばあさんの声。
  「コハラさ〜ん、コハラさ〜ん、居る〜ぅ〜?」
  (こんな早い時間、居るに決まってる(-"-))

  そのうち聞こえはじまる、掃除機の音。決して止まらない。
  こんなに、切れ目なく掃除機をかける広い家など、
  我が町内には、どっこもあるはずがないのに、
  ズーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、ワンフレーズが長いったら長いったら。
  (たまには、休みを入れておくれ〜〜息がつ・つ・つまるぅ〜)

  そして、はじまる子供のヴァイオリンの練習。
  日曜日しか練習しない。  ま〜た、先週とおんなじ曲! 
  毎日ちょこちょこ練習して、はやく○をもらえばいいものを。  
  教える先生も、ご苦労なこっちゃなあ〜〜〜。

  押し合いへし合いの狭い町内。
  せめて日曜の朝には、爽やかに過ごしましょう〜、私も気をつけねば。
  どお〜〜れ、ヘタくそなピアノでも練習するかあ〜〜〜〜(^0_0^)


  
posted by パッサカリア at 10:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

フォレストグリーンの雨の中で

IMG_8527.JPG
  朝からず〜〜〜〜っと、雨。

  さだまさしの歌に
  ≪梅雨のあとさきのトパーズ色の雨〜♪≫という
  歌詞が出てきますが、
  こういう、梅雨のまん中の雨を
  詩人は何色に表現するのでしょうか?
  ≪梅雨のまん中の〜フォレストグリーンの雨〜♪≫
  とでも、表現するのでしょうか?
  重たい色の空を眺めながら、
  ピアノのレッスンの空き時間に
  雨の切れ目を見つけて、
  相棒のカメラと、ヒョイッと散歩。

  季節が巡って、ご近所の鉢植えや花壇に、
  新しい花を見つけると、嬉しいものです。



  IMG_8515.JPG

 生来のへそ曲がりゆえ、
 花ばっかの写真は
 撮るものか!と、
 えらそーに思って
 いるのですが
 (こういう性格は
 可愛くない)
 やっぱり花は、愛らしい。
 思わずカメラを
 向けている素直なアタシ。
 
  
posted by パッサカリア at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

わずかな布で

  ヒマヒマにおチビのズボンとワンピースを 縫いました。

P1000961.JPG
   これは娘の夏のワンピースでした。
   前見ごろのスカート部分にシミが付いていたのを
   避けながら
   「よく転ぶから、膝が隠れる長さで」という注文も、
   バイヤステープを使って、なんとかギリギリでクリアー。
   この写真は後ろなんですが、
   お尻のポケットは、
   ボタン付きの前身ごろをそのままはりつけました。

P1000960.JPG 




  この夏、おチビとおそろいでワンピースが着たい!
  との娘のリクエストに応えて、
  ピンクの小花の、白生地と黒生地を購入しました。

  まずは、おチビのワンピースが完成しました。
  首の後ろは、ヒモで結ぶようにしました。
  ウエスト位置のレースは
  なんと〜頂き物のタオルに付いていたレース(*^_^*)
  高そうな分厚いタオルには、
  よく刺繍や飾りがついていますが、
  使いづらいので、はずして使っています。
  そのはずしたレースが前身ごろにジャストサイズだったので、使用しました。

  
 
posted by パッサカリア at 10:54| Comment(0) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤橋(北条)守時という武将

夜ごと飛行する「私本太平記」号という名の我がタイムマシーンは、
九州に敗走する足利尊氏を現在、追跡中。

IMG_8432.JPG
    沢山の人の名前に混乱しながら、
    裏切ったり裏切られたりに振り回されながら、
    「私本太平記」を細々と読み続けています。

    これまでの山場は、なんといっても
    ≪鎌倉幕府滅亡の時≫ですが、
    滅びゆく鎌倉幕府の、、
    最後の執権・赤橋(北条)守時を、
    私なりに調べてみました。

    守時は、、
    足利高氏(尊氏)の正室・登子の兄です。
    高氏と登子の結婚は、
    鎌倉幕府の御家人の中でも
    一番力があった足利氏を、
    北条氏に確かに従属させる政略結婚でも
    ありました。

    高氏の、まさかの裏切りに、
    人は、守時も、義弟の高氏と共に幕府に反旗をひるがえすのではないかと、
    噂したのですが、
    守時は、鎌倉幕府と共に生き、そして燃え尽きる道を選びました。
    鎌倉の洲崎で、わずかばかりの兵と共に戦って、破れました。

    世は血なまぐさい戦乱の時代です。
    こういう曲げない生き方をする人が、光ってみえます。

    

  
posted by パッサカリア at 00:28| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

美味しいお茶が飲みたくて

P1000957.JPG

   美味しいコーヒーを
   飲ませてくれるお店は
   数あれど、
   美味しい日本茶を
   飲ませてくれるお店は
   少ない。
   なんでかなあ〜っと
   昔から、不思議に
   思っています。

   車道の大塚屋から
   200メートルほど南に

   日本茶を飲ませてくれる喫茶店・茶緑。
   こちらにピアノもある!というので、仕事の下見も兼ねて、出かけてみました。
  
P1000956.JPG

 今まで、
 美味しい伊勢茶に
 出会ったことが
 なかったので、
 あえて、伊勢茶を
 チョイスしてみました。

 お湯の適温が70度で、
 さすが〜
 こだわっています。
 丸みのある柔らかい
 深い味でした。

 お菓子はいらなかったのですが、抹茶づくしの三種盛りを頼んでみました。
 ・・・・チョット抹茶の存在感がありすぎかな?!(いや、三種は欲張りすぎた)
 次回は、日本茶だけを楽しみたい〜と思います。

 日本茶をキチンと飲ませてくれるお店が増えることを期待しています。

posted by パッサカリア at 15:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

水にまつわる名曲

P1000948.JPG

  梅雨空の名古屋です。

  山内敦子さんのピアノと
  パピトンの香り豊かなコーヒーが
  飲みたくなって、
  愛車を走らせました。

  今月は「水にまつわる名曲」。
  チィコフスキーの舟歌
  ベリオの水のクラヴィア
  ショパンの雨だれ
  ドビュッシーの沈める寺
  ブルグミュラーのゴンドラの舟歌
  ・・・・・の、5曲。

 06191.jpg

  薄紫の小花(あああ〜名前を忘れちゃった!)が、
  〜〜〜小雨にぬれて楚々として美しい。
  テラスに沿わせている葡萄の木も、
  アプローチの緑も、
  お店と共に、ずいぶんと貫禄が出てきましたね。

  レモンロールケーキは、
  甘さ控えめの大人のケーキでした!!

  来月、山内さんのピアノのBGMは、7/2(土)7/24(日)です。

    
   
posted by パッサカリア at 23:06| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

女系一族だから

IMG_8484.JPG
  チョイ昔、娘がよく穿いていたスカート。
  生地が薄くて涼しそうなのと、
  チェック柄が可愛らしいので
  捨てずに取っておきました。

  このたび、  
  おチビ1号のサンドレスに
  リメイクしてみました。
  
  少し丈を長めにして、
  来年も着れるように!とも思ったのですが、
  我が一族は、おチビ2号も、
  そして9月にお目見えのおチビ3号も、
  み〜んな女子ばかりの、女系一族。
  サンドレスを着てくれる子は
  続々といますから、
  ジャストサイズで作ってみました(^_-)-☆


  

  

posted by パッサカリア at 00:00| Comment(6) | 洋裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

メイン曲

P1000711.JPG
  4月に定期演奏会を
  終えたばかりの
  白川ハーモニック
  クラブです。
  すでに、次の定演に
  向けて
  走り始めています。

  毎回、定期演奏会の
  メイン曲選びには
  悩まされます。
  ハーモニーが新しく、
  ちょっとお洒落で、
  そのくせ歌いやすい。
  そんな合唱曲を
  歌わせてあげたい〜!!

  いくら迷っても、いくら考えても、仕方がないので、私もここらで決断します。
  明日から、そのメイン曲の練習に入れればいいがなあ〜と思っています。  
  白川ハーモニック・クラブの皆さま、ご期待ください!!


posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

暑い季節にむかって

市販の制汗スプレーの臭いが好きではないので、
「制汗」「殺菌」「消臭」の3つの効果があるという≪ミョウバン水≫を作ってみました。

P1000947.JPG
  そうそう〜このミョウバン水は
  加齢臭対策にも良い!と、ききました。
  加齢臭は、
  耳の後ろ・首あたりが臭いの元らしいです。
  そこら辺に、シュッシュッと吹きかけると、
  消臭効果が期待できるそうです。
  実は加齢臭は、男性ばかりではなく、
  女性も年齢と共にボチボチ現れるそうです。
  気をつけましょう〜(^◇^)
  
      ミョウバン水は、
      1500mlの水に50gのミョウバンを混ぜるだけです。
      家にシュッシューと出る100mlの容器があったので、
      ミョウバンを3g入れて溶かしました。これでOK。(一ヶ月で使い切る)

  みなさ〜〜〜ん、≪ミョウバン水≫で、暑い夏をのり切りましょう〜〜!


posted by パッサカリア at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

パッサカリアの散歩道

IMG_8442.JPG

 お家の側面を
 埋め尽くすように、
 並んだ並んだ百合の花。 

 車では、
 よくこのお宅の前を
 通過するのですが・・・
 去年も、
 こ〜んなに見事に
 咲いていたっけ??

 車では気付かぬことも、
 ゆっくりプラプラと歩いていると、
 小さなビックリ!に、出会うことがあります。
    
posted by パッサカリア at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

5代目です

IMG_0036.JPG
  亡義母が仕立ててくれた四つ身の浴衣。
  熱田祭りに、
  長女が着て、次女が着て、
  三女が着てくれた、懐かしい浴衣です。

  いっぱいシミや汚れがありましたので、
  きれいなところを集めて、
  2年前、
  おチビ1号の作務衣に作り直しました。

  そして今年。
  おチビ2号が着てくれています。
posted by パッサカリア at 16:17| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

新ジャガ、大豊作

DSCN0033.JPG
  野菜箱の片隅に
  芽が出たジャガイモを発見したのは
  3月の中ごろ。
  捨てるにはしのびないので、
  おちび1号と一緒に
  ビニール袋を利用して
  埋めてみました。

  埋めて一ヶ月ほどして
  何本も、葉が茂ってきましたので、
  2本だけ残して、あとはボツに。
  葉っぱが大きくなるたびに
  増し土をして、肥料は1回だけ。
  あとは、ほっ〜たらかしでした。

  最近、葉っぱに勢いがなく、
  シオ〜ンとしてきました。

  水もろくに撒いてないからかな?
  そうこうしている内に、完全に枯れ枯れに( ノω-、)
bake1.jpg

DSCN0036.JPG

  今日、おチビ1号が遊びに来ましたので、
  抜いてみました。
  面倒なので、一気に、袋ごと
  ひっくり返してみましたら、
  なんと〜お〜\(◎o◎)/
  新ジャガが、コロコロコロと7つも
  出てきて、大豊作!!

  さっそくシンプルに塩茹でして、いただきました。
DSCN0038.JPG

  
 


posted by パッサカリア at 20:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

ご苦労さん会

image.jpg
  白川ハーモニッククラブの
  昨年度の役員さんと
  定期演奏会実行委員さんの
  お疲れさん会を
  高岳の飯島屋さんでいたしました。

  定期演奏会という大イベントを
  のり越え成功させたのですから、
  まさにこのメンバーは、
  志を同じくして目標に向かって
  突っ走った「同志」です。
  少しワインも入って、盛り上がりました!!

  今回のご苦労さん会は本当は5月にする予定だったところ、
  イカメンのイベントが入って、私とM先生が出席できなかったため、6月まで伸びてしまいました。
  そのことを会がはじまる前に、お詫びせねばならなかったのですが、
  なんだかみなさんの顔を見たら、私もテンションが上がってしまって・・・・・・
  旧役員・実行委員の皆さま、いろいろとありがとうございました

posted by パッサカリア at 16:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

嬉しいプレゼント

娘たち3人が、
それぞれの場所を確認できる携帯のGPS機能をフルに使って、連絡を取り合っているのが、
うらやましくってなりません。

もしもそういう機能が使えたなら、
そっちへ行くね!なんて連絡が入ったのに、なかなか来ない、どこにいるんだろう〜とか、
そろそろ家に着く頃だというのに、まだつかないんだろうか?とか、
親として、心配の種は尽きないので、そんな時にGPSがあって、所在が解ったら、
こんな安心なことはありません。
・・・・しかし、我らガラケー夫婦には、そういう機能がないのです。

P1000933.JPG
  うらやましがる
  私たちを見て、
  娘たち3人が
  父の日にアイパッドを
  プレゼントして
  くれました。
  これで娘らの居場所が
  解ります。おまけに
  TV電話もかけ放題。
  写真も送り放題。
  文明の利器を
  上手に使って、
  いつも娘たちと楽しく
  繋がっていたいです。 ありがとう〜!


posted by パッサカリア at 16:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

可哀想だった祭りの夜

P1000932.JPG

  日曜日が熱田祭りの日になりましたので、
  全員が我が家に集合で、
  教え子のカメソン一家も参加です。

  午前中は「青葉」の練習があったので、
  ぼつぼつ2時から食事の準備を
  始めました。
  作ったのは、
  韓国のりのネギトロ巻き、
  田楽2種(柚子味噌&クルミ味噌)、
  燻製の秋刀魚、ちぢみ、コロッケ2種(ジャガイモ・カボチャ)
  バラ肉と白菜のミルフィーユ風鍋、青ジソと鮭の寿司飯。

  7時30分から、熱田祭りの花火が打ち上げられるので、大急ぎで食事です。

IMG_8424.JPG
  
  花火は、
  我が家の裏手の
  球場から
  打ち上げられます。
  
  その音たるや、
  ハンパなものでは、
  ありません。
  


 IMG_8410.JPG 

  驚いたおチビ2号は、泣きわめき、急きょ避難。
  おチビ1号も、母親にしがみついて離れません。
  クライマックスの花火ですが、
  喜んでいるのは、大人ばかり。
  このおチビ達の驚き様を見ると、
  可哀想でなりませんでした。
  もう少し大きくならないと、
  熱田祭りの花火は、一緒には見れないなあ〜・・・

  チョッピリ、
  さびしく思った祭りの夜でした。

posted by パッサカリア at 16:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

いよいよ青葉そよぐ

IMG_7974.JPG
  陽に照らされ、風に遊ばれ、
  木々たちが、みずみずしく美しい季節です。

  季節限定合唱団「青葉」の練習が
  明日から、開始されます。
  今年度は
  「翼をください」「時の旅人」「黒い瞳」に加え、
  1曲新曲に、チャレンジしていきます。
  練習日は明日の他に
  7/3 9/4 10/2 10/16 11/6 11/20です。
  本番は、11/26夜「なごやか音楽祭」です。

  いざ、我と思わん者はご参集されたし。

  
 



posted by パッサカリア at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

井戸のぞき

DSCN0021.JPG

  熱田区の高蔵神社は、
  尾張氏の祖先である高倉下命(たかくらじのみこと)を
  お祀りし、子育ての神、こどもをお守り下さる神として、
  知られています。
  境内にお祀りしている御井社(みいしゃ)の
  井戸を覗くと、
  「カンシャクの虫封じ」になるという
  言い伝えがあります。
  これを「高座の井戸のぞき」といって、
  我が家の娘たち三人も、お世話になりました。

  今日は、おチビ2号が
  井戸のぞきをし、お祓いをしていただきました。

posted by パッサカリア at 20:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする