2016年04月30日

本・震える岩

IMG_7384.JPG
  宮部みゆきの
  ≪霊験お初捕物控
  「震える岩」≫を、
  読みました。
  このところ、
  仕事も私事も
  忙しかったので
  活字に
  餓えていたせいも
  あって、
  久々の宮部みゆき!
  面白く読みました。

  登場人物でもあるお奉行さまの根岸鎮衛は、実在した人で、
  江戸の町で聞いた不思議話を集めた「耳袋」を著したことでも知られています。
  その「耳袋」の中の『奇石鳴動のこと』
  (浅野内匠頭が切腹した場所に置かれた石が夜中に鳴動する話)と、
  5代将軍綱吉の『生類憐みの令』、
  浅野家の菩提寺である花岳寺(赤穂市)に保存される掛け軸『義士出立の図』
  
この三つを巧みに絡ませながら物語は練られていきます。、
それぞれに潜む真実を探りながら、
霊力を持った16歳のお初さんが、難事件を解決していくというミステリー時代小説。
解決する!と言っても、
お初さんのいる時代から、さらに100年さかのぼった事件の真相を
霊力で解き明かすのですから、
「そうかもね〜」といった域から逃れられないのですが、
思わず引き込まれてしまう上手い書き方、さすが宮部みゆきの世界ですねえ。
歴史のロマンを感じます。

新しいスタイルの時代小説。これもありと思います。

posted by パッサカリア at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

明るく生きていこう


「この頃、めっきり力が出なくってねえ、
 冷蔵庫の扉も、ヨイショ!と声をかけないと開かなくなってきたのよ」というのです。

   ≪この母の言葉に、私は何と言って励ませば良いのか・・・・・≫


「あのねえ〜 人間、90年も生きてるっちゅうーことは、凄いことよ、もう〜人間業じゃないのよ。
 人間が普通じゃないってことは、言ってみれば、お化けみたいなもんよ」


「あら?!私はお化け?」


「そうよ、お化けよ、皺だらけの。
 ゆうれいなら色っぽいけど、あなたは、傘のお化けか一つ目小僧と同等よ」

母 ケラッケラッと笑いはじめる(^o^)


「お化けはね、あっちふ〜らふら、こっちふ〜らふら、力っ気なくふらふらしてるもんよ
 お化けが筋肉モリモリで、シャッキリしてたら、すごみがないでショッ?
 だから、力っ気なくって、ふ〜らふ〜らしてるほうが、あなたにはむいてるのッ!!」

母 ゲラゲラお腹をかかえて、母笑う。−−−−「それもそうね〜〜」

      ≪母の笑い声に、私のほうが励まされて・・・・・≫
posted by パッサカリア at 20:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

長女の料理教室

04283.jpg
   独身の時、クッキングスタジオで
   講師をしていた長女。
   その長女が、
   ご近所のお友だちを集めて
   料理教室を開きました。

   初回はごく簡単なメニューから・・・
   煮込みハンバーグ・お鍋で炊いたご飯
   ベビーリーフのサラダ・オニオンスープ
   そしてデザートは、
   ココアのシフォンケーキ

04282.JPG
   教える長女も、教わる生徒さんも、
   みんなおんぶにだっこの
   子連ればかり。
   あっちが泣けば、こっちも泣いて、
   とても料理教室というシロモノでは
   なかったけど、みんな喜んでくれて、
   良かったよ!とは、長女の話。

   材料費・講習料込で一人500円。
   ワンコインでこんだけ作れたら、
   私も参加した〜〜い。
  
   
   
posted by パッサカリア at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

キラキラの時

三女のひどいツワリも、5か月目に入って、幾分おさまってきたようで、
顔色も良くなり、「そろそろ普通の生活にもどろうかな〜?」などと言えるようになりました。

この3カ月ほど、おチビ連れで毎日来ていたのです。

IMG_7093.JPG


 

IMG_7158.JPG

  やはり母親が
  元気でニコニコして
  いてくれることに
  勝るものはありません。  
  
  三女には、
  本当にひどかったツワリを
  よくぞ耐えてくれた!と
  拍手を送りたい気持ちです。


IMG_6576.JPG
   しかあ〜し、
   普通の生活にもどる!ということは、
   おちび1号は、
   ジイジとバアバのお家には
   もう〜毎日は来てくれなくなる訳で
   こ・こ・こ・これは、
   と〜んでもなく、悲しいことになりますねえ〜。

IMG_7106.JPG

   






   
   悲しいけれど、致し方ないね。
   早く普通の生活に戻さなくてはね。

   おちびとの時間は、そりゃあ〜もうくたびれるけど、キラキラとして楽しいものでした。
   それをほんのちょっぴりもらえただけでも、もうけもの。 

IMG_7069.JPG


   

posted by パッサカリア at 23:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

イカメンは今日も行く

04252.jpg


   JA下之一色支店の、女子部総会イベントによばれたイカメン合唱団。

   元・お姉さま方の前で、「愛しのあの娘に捧げる歌メロディー」を披露してきました。
   一昨日、≪イカメンVSきしめんの名古屋場所対決コンサート≫を終えたばかりの
   イカメンメンバーですが、
   その疲れもまったく感じさせず、堂々たる歌声で、
   元・お姉さま方から黄色い声援を、たっくさんいただきました〜!!


   
   
posted by パッサカリア at 21:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

ひきわけ〜!

P1000838.JPG

   お天気が心配でしたが、
   男声合唱団イカメンVS貴詩男(きしめん)の
   名古屋場所対決コンサート、
   沢山のお客さまに来ていただいて、
   無事終了しました。



04231.jpg

 一部の一回戦では
 イカメンときしめんの
 団長さん同士の
 ジャンケンで
 先攻後攻を決めました。
 それぞれの合唱団の
 個性あふれる歌で
 勝負です。
 2回戦の先攻後攻は
 指揮者同士、
 きしめんの三木先生と
 私とで、ジャンケン〜!

IMG_7234.JPG
  司会・進行の行司さん役は、賛助出演の谷田育代先生に
  お願いしました。
  さすが谷田先生〜!しっかり会場のお客さまの気持ちを
  つかんで離さない。おかげで、会場は凄い盛り上がり!
  オペラ歌手が演歌歌手チックなお衣装!というのも、
  好評でした。


  2部は、見事!ひきわけになったイカメンときしめんの
  仲良し合同合唱です。
  故郷の空、フニクリフニクラ、トロイカを高らかに歌いました。
  そして最後は
  こいのぼり、明日があるさを会場のお客さまと一緒に歌いました。

04232.jpg
  

  思えば、1年以上も前の「なごやか音楽祭」に
  ご出演いただいたコール・貴詩男(きしめん)さんとの出会いが、
  今回のコンサートに発展しました。
  私の無理な申し出を快く引き受けてくださった三木先生と伴奏の神山先生、
  賛助出演の谷田先生、渡邊先生、そしていつもガッツリ支えてくれる水野先生に感謝です。

  イカメンのみなさん、きしめんのみなさん、朝から一日、大活躍でしたね。
  お疲れ様でした。今日は十分にオヤスミくださいね。

  スタッフになって動いてくれたピアノの生徒のRちゃんEちゃんYちゃん、
  そしていつも強い味方のカメソンと水野パパ、ありがとうございました

  写真を送ってくださったピアニストの山内敦子さん、ありがとうございました。
posted by パッサカリア at 23:16| Comment(0) | アルコバレーノ音楽企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

JA総会に招かれて

P1000828.JPG

   いつも、元気溌剌のイカメン合唱団です。
   本日、中川区JA富田支店の総会イベントに招かれて「愛するあの娘に捧げる歌メドレー」を
   披露してきました。
   雨が今にも降りそうなお天気でしたが、総会には250名のお客さまが集まっていらして
   JAさんのパワーをヒシヒシ感じました。
   
   土曜日に開催の「イカメンVSきしめんの対決コンサート」の宣伝もチャッカリしました。
    
posted by パッサカリア at 14:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

ほまち

≪ほまち≫とは、北海道の方言でへそくり又は内緒で楽しいことをすること。

今日、遊びにきた三女が「お母さんとよく病院で≪ほまち≫したよねえ〜」と言うものですから
三女が幼稚園児だったず〜〜〜っと昔、
視力回復治療のため、月に一度眼科へ連れて行ったことを思い出しました。

IMG_4963.JPG   
   どちらの親御さんもなさるように、私も、
   長い待ち時間をしのがせるために、
   飴玉などをポケットにしのばせていました。

   ゴソゴソしだすと、
   「この病院の待合室では、食べものは
   食べちゃあいけないんだけどね、
   ナイショで≪ほまち≫しない〜?!」と、壁と壁のすき間に誘い出し、
   隠れて口の中にポイッっと、飴玉を入れてやったものです。
   それは、
   二人だけの、イタズラめいた、得も言われぬ秘密の楽しみでした。

   三女の眼科通院も小学4年生頃まで続いたのですが、
   おかげ様で無事終わって、故郷の言葉の≪ほまち≫も、使うことがなく、
   ず〜〜〜っと忘れていました。
   今思うと、
   なんと〜キラキラ輝く宝物のような、素敵な言葉だったんだろうと、愛おしく思います。

   ≪ほまち≫、今度はおチビ1号・2号・・・・9月にお出ましの3号に、しこたま使ってやろう!!
   
       お母さんにナイショで、バアバと≪ほまち≫しな〜い?!ってね。(^_-)-☆

posted by パッサカリア at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ババ馬鹿です

希望者のみのリトルリサイタルを開催するにあたり、
今回も、ピアニストの水野佐紀ちゃんのご厚意に甘えて、彼女の本番用のドレスを借りることにしました。
高校生以上の大きな子だけで、何枚ものドレスの中から、それぞれ好きなドレスを決めました。
そして、お家で一度着てピアノを弾いてみてね!と指示して、持ちかえらせました。

・・・・残ったドレスが3枚。
明日返すつもりで、ピアノの部屋に置いてあったのを、
夕方遊びにやってきたおちび1号が見つけました。

P1000817.JPG

  ドレスを胸にあてて離さないのです。女子です。
  ピンクだし、ヒラヒラだし、
  着てみたいよね〜〜〜。

  ババ馬鹿の私、着せてみました。
  
P1000791.JPG





  〜〜〜〜で、主人が止めるのも聞かず、
  2階からドッコイドッコイと
  大きな鏡も下ろしてきました(・〜・)
  
  父親に抱っこしてもらい、
  全身を鏡にうつして大喜び。
  そりゃあ〜そうよ、
  鏡にうつった我が姿をうっとり見たいものよ。

  おちび1号の喜びようを見て、私も嬉しさのあまりシャッターを押す手が震え、
  写真はみ〜んなピンボケになりました〜(^^ゞ

  皆さま、ババ馬鹿とお笑いくださいまし。
posted by パッサカリア at 23:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

熊本、震度7

P1000767.JPG
  この大皿は、熊本市内にお住いの
  陶芸家yayoiさんの作品です。
  彼女の、柔らかい色合いと
  たおやかな絵柄に惚れ込んで、
  我が家の食器戸棚の奥行に
  ピッタリ入るサイズで、
  焼いていただきました。

  そのyayoiさんの熊本が
  震度7の大地震に見舞われ、
  まだまだ余震が続いているようです。

  昨日はご家族の方と地元の小学校で
  眠れない夜を過ごされたのだそうで、
  お気の毒でなりません。
  どうぞ、これ以上、
  被害が大きくなりませんよう、
  お祈りしています。
posted by パッサカリア at 22:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

忘れていたジャガイモ

P1000765.JPG

  野菜箱の片隅に、随分芽が出ているジャガイモ発見したのは、
  先月のまだひんやりとした日でした。
  捨てるにはしのびないので、ビニール袋を利用して、おチビ1号と植え付けました。

  それが今ではこんなに芽が出て、青々としてきました。(捨てないでよかった〜)
  おチビと一緒にハサミでチョッキン、2本だけ残して芽かきをしました。
  
  大きくなあ〜れ。

posted by パッサカリア at 13:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

イカメン&きしめん合同練習

P1000763.JPG

   来る23日(土)、
   熱田文化小劇場で開催する「男声合唱団 イカメンvsきしめん名古屋場所対決コンサート」の
   合同練習をいたしました。
   指導者が違えば解釈も違います、そこいらを統一するための合同練習です。
   案の定、ずいぶん違いがありました。ヒヤヒヤしてました私。
   やっぱり、合同練習があってよかった〜(^v^)
   
posted by パッサカリア at 20:48| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

都忘れの由来

お隣さんの花壇に咲いていた「都忘れ」。
その悲しげな名前が気になって、名の由来を調べてみました。
それは、なんと〜鎌倉時代にまで、さかのぼりました。

IMG_7028.JPG


武士の力が強かった鎌倉幕府から、権力を朝廷に取り戻そうとされた後鳥羽上皇。
その計画に、三男の順徳天皇が協力をされましたが、
武士の力が思いのほか強く、負けてしまいました。・・・これが世にいう承久の乱です。

その後、
後鳥羽上皇は壱岐へ、順徳上皇(この時には上皇になられていた)は佐渡へ、
遷幸(流されて)されたのです。順徳上皇はその時24歳とか。
ある時、一輪の花を見つけられた上皇は、
この花を見ている間だけは、都が忘れられると・・・・。 その花こそが「都忘れ」だということです。

もう決して都に帰れないと悟られた順徳上皇は、
絶食によって自らの命を絶たち、薨去なさいました。 佐渡に流され22年の月日がたっていました。

春には色鮮やかな花々が多い中、ひそやかに上品に咲いている「都忘れ」。
なんとも哀しいお話が隠されていたんですねえ〜。

posted by パッサカリア at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

ティンパニーの協奏曲

  協奏曲!といえば、ヴァイオリンやピアノを思い描かれると思いますが、
  なんと〜ティンパニーの協奏曲があるってご存知ですか?
  「ティンパニーとオーケストラのための協奏曲」がそれです。

  YouTubeで動画をみつけました。

  この曲の作曲者は、マウリシオ・カーゲル。アルゼンチンの人です。
  他の作品には、
  たった2人で楽団を演奏したり、
  オーケストラの指揮者が、突然気分が悪くなって退場したり(楽譜に退場!と記載されている)
  ・・意外というか、ハチャメチャというか、 随分飛んでる曲も作曲しているらしい。

  この「ティンパニーとオーケストラのための協奏曲」も、最後が凄すぎます\(◎o◎)/!



     
posted by パッサカリア at 21:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

立ち上がる飯炊きババア

三女のつわりがひどいので、おチビ1号もくっ付いて、連日我が家にやって来ています。
やってくると、家の中がパ〜〜っと花が咲いたようで、明るく楽しいです。

・・・しかし、一つだけ困ることがあります。

      それは、おちび1号の「野菜嫌い」。

三女が、あれやこれやと工夫をしてきたのですが、最近特に野菜嫌いがひどいのです。
そうなると、今、食事作りに困るのは私です。
私なりに工夫をして作っても、なかなか・・・・。
手ごわいおチビです。

聞くところによると、非行少年には偏食の子のが多いそうです。
そんなことを聞くと、このまま諦めて、可愛い孫を非行に走らせる訳にはいきません。

ひと呼んで≪歌う飯炊きババア≫、つわりの三女に替わって、一大奮起。

P1000758.JPG
  野菜嫌いの子のための料理サイトを見つけ、
  いくつかチャレンジしてみました。

  パサパサした触感が、
  野菜嫌いになる原因のひとつだそうで
  キュウリと人参をレンジでチンして、
  ハム・チーズ・コーンとで
  酢の分量をおさえたドレッシングを作って
  和えてみました。

  しか〜し、これは×でした。(-_-)


P1000761.JPG 
   お次は、
   蓮根をすりおろし、鳥ひき肉と
   玉葱・人参のみじん切りをレンジでチンしたものと、
   強力粉をつなぎにして混ぜます。
   調味料は醤油・塩コショウ・砂糖・ゴマ油。 
   これをサラダ油でジックリ揚げます。

   バイキンマンのフォーク付きで
   あえて少なめの2個だけ出したら、
   イガイやイガイ、完食してくれました\(^o^)/

   これは大人にも好評でした。

  
   
posted by パッサカリア at 21:05| Comment(6) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

アンケートの書き方

実行委員長のIさんから、白川ハーモニック定期演奏会のアンケート集計がPCに送られてきました。
400人以上のお客さまがアンケートにご記入くださったようで、
お一人お一人の感想を読ませていただき、次回にむかって大いなる励みになりました。
ご記入くださった皆さま、ありがとうございました。

さて、アンケートには、
お気づきのことがありましたらなんでもお書きください!という欄が設けられていますが、
アンケートにも、エチケットというものはあります。
アンケートだから、無記名だから、なんでもかんでも、書いていいってもんじゃ〜ない。

アンケートは、次のコンサートに向かっていくためのヒントをもらうもので、
今回でもう止める!というための物ではないのです。
アマチアの団体にとっては、お客さまがどのように思っていらっしゃるのか?!は、
とても気になることです。
是非、あたたかい心で、励ましの言葉を添えて、一筆願いたいものです。

最高齢90歳のシニア合唱団の出来不出来を、言い訳する気はさらさらありません。
私が一番よく知っています。
しかし、雑唱!もう来ない!とは、なんたる言い草。
たった一人の言葉ですが、受け止めるほうは、未来を見失ってしまう。
あなたはそれを書いて、幸せでしたか?

posted by パッサカリア at 00:04| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

本・食堂のおばちゃん

P1000754.JPG
  山口恵似子という作家は、
  本当に社員食堂で働いていて
  50も過ぎた時に、松本清張賞を受賞したという
  遅咲きの作家です。
  私はまったくこの作家を知らなかったのですが、
  あるTV番組に登場した彼女の、
  発言の豪快さにひきこまれて、
  なにか一冊読んでみる気になりました。
  ・・・・で「食堂のおばちゃん」です。

  まだ全部は読んでいないのですが、
  時々登場する料理や手順など、そのレシピとアドバイスが主婦目線で、嬉しい本です。
  (なにせ私も食堂のおばちゃんみたいなものですから)

  内容は、嫁の二三(ふみ)と姑の一子(いちこ)が営む食堂で起こるお話。
  ファミリードラマのようで、まったく肩が凝りません。
  嫁と姑の間柄でいながら仲が良くて、お客への心遣いが徹底していて、料理が美味しい。
  ああ〜こんな食堂が近所にあったら、常連客になりたいわあ〜

  あと残りのページが半分、軽いタッチなので、今夜には読み終えそう〜。


posted by パッサカリア at 22:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

すずらんに似て

IMG_6736.JPG


  道路いっぱいの桜の花びらを、踏まないように避けながら、
  久しぶりに家の周りを散歩。
  
  朝露にぬれて、こうべを垂れている愛らしい花を、
  お隣のマンションのフェンスの中に一輪、見つけました。
  我が故郷のすずらんによく似ています。
  子供の頃に摘んだすずらんの、あの懐かしい匂いがするのかしら?
  フェンス越しでは、残念ながら匂いはわかりません。
  
  名前を調べましたら、
  「スノーフレーク又はすずらん水仙」というらしいです。
  写真を撮るようになって、道端の花も気になるようになりました。

  
posted by パッサカリア at 23:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

長女夫婦の新居訪問

長女夫婦が、あと数メートルで名古屋市内!!というギリギリのところに
家を持ちました。
水道・ガス・電気も通ったというので、その家を見せてもらいに、
いくつかの満開の桜の名所を通りつつ、主人と母とイソイソと出かけました。

地下鉄の駅までは徒歩10分弱。これならお婿さんの通勤にも便利です。

P1000751.JPG


キッチンも広くストックヤードも充実していて、うらやましい〜。
料理好きの長女、これなら十分に腕を振ることが出来るでしょう〜。
オマケに、車が3台も入るスペースがあって、
市内に住んでる我らからしてみれば、なんともはや贅沢な広さです。

04031.jpg
  久しぶりだから、お昼はみんなで、
  某音楽家おススメのレストランへ。
  ところが、このレストラン、愛想が悪く、
  味が薄く、量が少なく、値段が高く、
  レジでお金を払う段になったら
  急にニコニコして、んも〜最悪(-"-)

  せっかくのランチなのに・・・・( ノω-、)
    
posted by パッサカリア at 21:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

白川定演終了ーッ\(^o^)/

1000人を超えるお客さまにおいでいただいた白川ハーモニック・クラブ定期演奏会が
無事終了しました。

P1000713.JPG


 出発の全体合唱曲に、
 ワーグナーの「タンホイザー行進曲」で華やかさを!
 「太陽がくれた季節」でお出かけくださったお客さまに感謝と友情の気持ちを!
 ご挨拶代わりに選びました。

 合唱団を半分にしたBチームでは、一昨年亡くなった「岩河三郎さん」の作品を3曲
 木の実・石仏・忘れはしない。
 Aチームでは「自然」をテーマに、大空賛歌・誰もいない海・紀の川・大地讃頌。

 全体合唱〜分割チームAとBの各チームの入れ替えには、時間短縮のための工夫をしました。

P1000743.JPG


 今回のパフォーマンス入りの合唱では、
 リンゴの曲ばかり集めた「りんごチーム」と
 人生のめでたいシーンを集めた「ハッピーチーム」の発表です。
 一人一役!! なにか一つは役を持つことにしました。頼まれたら、「喜んで〜!」を合言葉に。

 あまりこのチームでは、練習時間がとれないので、
 覚えやすくって歌いやすい2部合唱曲はなんじゃろな?!と考えたのが、
 終戦後の大ヒット曲とロシヤ民謡のゴチャマゼ曲。
 歌謡曲の大ヒット曲3曲のゴチャマゼ曲。
 作るのには面倒だけれど、歌うのは簡単。そんな曲を考えました。
 (ご本家の作曲家の先生には申し訳ないですが、私の苦肉の策です、どうぞお許しを!)

  賛助出演には、4人のピアニストによる8手連弾で、若々しくそしてゴージャスに。

P1000750.JPG
 

P1000691.JPG
  この8手連弾は、前々から
  思い描いてきたことだっただけに、
  今回、白川の定演で、
  実現できて大変うれしい。

  水野佐紀さん・佐藤なつみさん・
  尾関あゆみさん・山田愛子さん、
  有難うございました。



 最後の全体合唱では、故郷への思いをこめて「ふるさとは今もかわらず」。
 そして、白川の定番曲Let's Search For Tomorrowで〆ました。

 司会進行のYさん、スタッフのIさんとKソン、お手伝いのKちゃん・Eちゃん・Nちゃん。
30期有志の方々。実行委員のみなさん、役員のみなさん。
 そしてピアノの水野先生、ありがとうございました。 
 無事定演を終えることができて、今はホッとしています。

 明日から、次回2年後の定演に向けて、選曲を考えます。
posted by パッサカリア at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする