2015年12月29日

仕事納め

IMG_0455.JPG
   今日は、修学旅行や部活や病気で
   レッスンが出来なかった子たちのための
   振替レッスンをしました。
   これで、合唱の練習に加え、
   今年の仕事は、完全終了です。
   あっという間の一年で、
   時間と仕事が飛んで行った気がします。

   今年は
   混声合唱団「ルーチェ」の定演を
   憧れの電気文化会館で開催することが出来たこと。
   イカメン合唱団のオファーが多かったことや、
   なごやか音楽祭日が一日増え3日になったことなど、
   大忙しの一年でした。
   そして、
   忘れられない別れもありましたが、有意義な出会いもたくさんありました。
   それらをギュ〜〜ッとまとめて、
   また来年もみなさまに支えていただきながら、、
   なりふり構わず突っ走っていく覚悟を決めています。   
   来年もみなさま〜どうぞよろしくお願いします。

   良いお年をお迎えください。
 
posted by パッサカリア at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

生まれて初めてのロック

次女の婿さんの趣味は、ジャンスカジャンスカのロックギターです。
お友達3人でグループを組んで楽しんでいます。
そのライブがあるというので、
大須のビルの地下深くにあるライブハウスに、ロックを聞きに行きました。

P1000468.JPG
   扉を開けると、
   強烈なライトに照らされた機材。
   イスのない空間にステージ。
   生れてはじめて見る光景に、
   出発から、めんくらった私。
   お客さまは出入り自由。
   演奏者の準備・チューニングは丸見え。
   演奏者とお客さまの垣根は全くない。
   なんだろう?この不思議なぐらいの一体感。

12271.jpg

 演奏が開始されると〜〜凄まじい音量〜!!
 空気がふるえ〜床がふるえ〜地震が起きても
 解らぬほどの大音響/////。
 それは、今までに経験したことのない音量。
 これはショックに等しい。
 なんでこうも大きな音で
 演奏しなくてはならないのか??と、
 クラッシック畑には、理解不能の世界だけど、
 音やリズムに対しての若者らしいストレートな感覚や
 音質を変化させて表現することや、感動の導き方盛り上げ方など、学ぶものは大きい。

 ああ〜青春とは、爆発だ\(^o^)/\(^o^)/婿さん、がんばった!!



posted by パッサカリア at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

動くものはむずかしい

散歩から帰ってきた主人が、
「川の向う側にいっぱい「ゆりかもめ」がいるから(写真を)撮りに行こう〜!!」と言うのです。
   
湿ったせんべい(エサにするつもり)を2つ、パキパキと音をたててポッケに押し込みながら、
もうカメラを首にぶら下げはじめました。
〜〜〜〜となると、
私も負けてはいられません。臨戦モードです。

IMG_1237.JPG

   昔のデザイン博のあった場所に、
   本当に、たっくさんのゆりかもめ。
   人に慣れて、
   エサを待ち構えているふう。


  主人のほうり上げたせんべいのカケラをナイスキャッチするゆりかもめ。ブラボー!!

IMG_1273.JPG


IMG_1288.JPG
   ゆりかもめが、キチンと並んで
   (私が投げ上げる)エサを待って、
   小粒っこい目で見つめている!
   〜というのに、
   そんなセコイものは
   いらんわい〜とばかりに、
   去っていくひねくれ者が一羽。
   本当はエサが欲しいくせに。   
   (ああ〜我が性格と似たり)

  動いているものを写すのは難しい〜。
  
  池の向う側では、三脚に大きなカメラで写していらっしゃる方が見えました。
  アシスタント付きです。いっぱいエサをばらまいてるところを写していらっしゃる。
  あんだけばらまいて、あんなにすんごいカメラなら、
  フンッ、私にだって上手に写せるわい。
  ひねくれゆりかもめとおんなじ気持ちになって、ご帰宅。
  
  
posted by パッサカリア at 11:28| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

宗次コンサート

12261.jpg
    来春めでたく大学生になる、ピアノの生徒のRちゃんに
    山内敦子さんと西野友美さんが出演される、
    宗次ランチコンサートのチケットを
    合格のお祝いに、プレゼントしました。

    そのコンサートが昨日開催されました。
    バッハのG線上のアリアのアレンジ曲と
    チャイコの花のワルツ・・・、冒頭の
    ハープが演奏する部分をピアノで弾いて
    〜〜〜とろけました!と話してくれました。

    一日経って、あっちからもこっちからも、
    良かった良かったとの賞賛の声が聞こえてくると、
    仕事で行けなかったとはいえ、残念でたまらなくなります。

    山内さん、西野さん、お疲れさまでした。
    写真は「おんがく玉手箱」に出演された時のもの。

posted by パッサカリア at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

Merry Christmas

12246.jpeg
   今宵は、街中がキラキラと
   美しく飾られて
   楽しげであろうと思います。

   みなみなさまに、
   幸せに満ちた暖かな夜が
   やってきていますことを、祈っています。

P1000462.JPG





   
   主人も母もオヤスミ(-_-)zzzあそばしたので、
   下戸のくせに、
   こっそりワインなんぞをなめつつ、
   チャイコの「くるみ割り人形」を 聴いて、
   「一人クリスマス」を、楽しんでいます。
   チャイコ最高〜!!
   静かなクリスマスの夜に、乾杯!!
   

posted by パッサカリア at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

コーラスクラブ、食べる喋る笑う

12245.jpg   
   高年大学コーラスクラブの
   今年最後の練習のあと、
   年忘れの食事会に招かれました。

   4月に新一年生と出会って、
   新二年生と共に、
   あれよあれよと言ってる間に、
   文化祭となごやか音楽祭が
   終わってしまいました。

12243.jpg


   
   今年は、それぞれのパートが
   よくまとまっていて、
   飛びぬけるようなことが
   ありませんでした。

   それは、コーラスクラブのみなさんが、合唱のなんたるかを 
   よく理解していらっしゃる!!証拠と思います。
 
12244.jpg   
   アルトパートは、毎年、嫌味を
   言われ続けてきました。
   。。。。が、
   今年のアルトは、音が重くならず、
   音程もリズムも正確で、
   中間音ががっちりしているので、
   ソプラノも男声も随分アルトに
   助けられたはずです。(私も)

  来年の3月には、シニア交歓会とサロンコンサートと ビックな発表が待っています。
  曲目も新しいものが3曲増えます(どちらも暗譜で歌います)。
  気分的には、クリスマスもお正月も返上かもしれませんが、
  まあ〜そんな無粋なことは言わずに、
  お家の皆さまと冬休みを明るく楽しく過ごして、英気を養ってくださいね!!

  〜〜〜で、また来年1月21日に、元気にお目にかかりましょう〜\(^o^)/   
   
posted by パッサカリア at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

高校生の定期演奏会

P1000442.JPG

   桜花学園高等学校管弦楽団の定期演奏会に
   フルートの大海さんのお嬢様の
   沙織さんがご出演なさる!と
   お葉書を頂戴しましたので、
   水野先生と一緒に 
   ウィル愛知のウィルホールまで、行ってきました。

P1000443.JPG



   
    小雨にぬれた重厚な建築の市政資料館を
    左に見つつ、ホールに入ると、
    振袖姿の高校生たちがお出迎えです。
    ヒヤァ〜!!きょうびの高校生の定演は
    こんなふう〜なの??
    あまりのきらびやかさに、オッタまげました。
    水野先生は、「あら〜今はみんなこんなふうよ〜」
    と、平然。
 
P1000441.JPG

    演奏曲は、
    歌劇「後宮からの逃走」序曲 歌劇「カルメン」第一組曲 
    バレエ音楽「ル・シッド」組曲
    そして、
    大海沙織さんはフルート協奏曲第2番ニ長調K314
    素直な澄んだ音色に酔いしれました。

    久々に、若いオーケストラの音を聴いて、オバサンはとってもリフレッシュできました!(^^)!


posted by パッサカリア at 16:42| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

今年もあと少し

IMG_1197.JPG
  今年は暖冬と言われています。
  いつもはお正月すぎにお出ましの
  我が家の蝋梅も、
  このあたたかさに驚いてか、
  ふくふくと蕾を付けています。

  今年も残すところ10日を切り、
  我が合唱団の年内練習も
  一つ二つと完了しています。

  これからの時期は、主婦の仕事が待ちうけています。キャア~~~(@_@;)
  大掃除に、年末年始の準備に、
  みな様も大忙しのことと思いますが、
  くれぐれもケガなどされませんように、お励みくださいませませ。
  
posted by パッサカリア at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

サンタさんがいらっしゃいました

12203.jpg
  お願いしたとおり、
  サンタさんがいらっしゃいました!
  一人ひとりに袋からプレゼントを出して、
  手渡すおチビ1号。
  それぞれのプレゼントには
  写真が貼ってあるので間違うことは
  ありません。
  ひいばあちゃんは
  おせんべいをいただきました。

  おチビ2号は、
  ひとり眠りの中(-_-)zzz


12202.jpg

   久しぶりに、全員が集まったので
   夕食には、
   婿さん3人の好きなものを中心に
   作りました。

   「鮭と大葉のちらし寿司」と
   「白菜とバラ肉のミルフィーユ風」は
   娘たちにも、評判が良かったです。
   そうそう・・・、
   先日、青葉の打ち上げ会でいただいた、
   「秋刀魚の燻製」と
   「韓国のりの手巻き」が美味しかったので
   私なりに試行錯誤して、
   challengeしてみました。これが大うけでした(^v^)

IMG_1169.JPG 
   長女がクリスマスケーキのスポンジを
   焼いてきてくれたので、
   生クリームをぬって
   おチビ1号がイチゴやらバナナやらの
   トッピングをしました。
   ケーキ屋さんでは
   絶対お目にかかれない独創的なケーキが
   完成しました。

   せっかくの日曜日なのに
   集まってくれた3人の婿さんたちに、
   感謝です。
   こんなに楽しい楽しい一日を過ごせて、
   最高に幸せ。
posted by パッサカリア at 23:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

サンタさんがいらっしゃる

dec26_01.gif
  娘たちが小さい頃の我が家のクリスマスは、
  夕食が終わった7時に、
  玄関のチャイムがピンポ〜ンと鳴って、
  家族全員のプレゼントを、袋ごとドサッと、
  サンタさんが、玄関に置いて行ってくださいました。
  娘たちのおもちゃや絵本の他には、
  主人にウイスキーや 
  祖母にはポリデント(入れ歯洗浄剤)も入っていて、
  サンタさんも袋を運ぶのに難儀をされたことでしょう〜。

  クリスマスの他には、なかなか
  おもちゃなど買ってもらえない娘たちにとって、
  袋ごともらえる大判ぶるまいのクリスマスは、熱狂の時でした。

wintop02.gif


  主人も私も、祖母たちも、そしてなぜかご近所のおじさんも巻き込んで、
  ワクワク〜ウキウキ〜ドキドキ〜した楽しい懐かしい思い出です。

  娘たちも大きくなって、随分とサンタさんともご無沙汰でした。
  ・・・・が、久々に娘たちが、
  サンタさんにおこしいただきたい!と言い出しました。
  ちょうど明日は、婿さんたちも全員集合できるということなので、
  15年ぶり?で、クリスマスパーティーが復活し、サンタさんにおこしいただくことになりました。

  ・・・・となると、忙しい〜忙しい〜(^^ゞ
posted by パッサカリア at 23:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年生同士

12193.jpeg
   三女が、最近ミラーレスカメラを
   買いました。
   ・・・・で、
   写真が送られてきました。
   フムフム〜〜なかなか良い雰囲気では
   あ〜りませんか〜ぁ?
   私と三女、カメラ一年生同士!
   負けてはいられません!!

   

   
posted by パッサカリア at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

外は寒いけど

IMG_1121.JPG
   長女と三女が子連れで
   やって来ました。
  
   さして内容のある話では
   ありませんが、
   お茶のみしながら、
   ベラベラと時が経つのを忘れて
   女子会です。
   上は90歳から、下は三ヶ月まで、
   主人以外は、あっちもこっちも女ばっか。
   外はぴゅーぴゅーと寒いけれど、
   家の中は、
   お下がりの帽子が似合う似合わない!!たったそれだけで、大盛り上がり・・・・暖かい。



posted by パッサカリア at 23:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

早々と満席

P1000379.JPG
   来年11月24・25・26日に開催予定の
   「なごやか音楽祭」ですが、
   参加団体を募集しています。

   おかげ様で、
   金曜日3部と土曜日1部が
   マンパイになりました。  
   来年、参加をご希望の団体さんは、
   なるべくお早目にお申込みください。
posted by パッサカリア at 16:42| Comment(0) | アルコバレーノ音楽企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

龍珠寺の椿

P1000424.JPG  
   我が家の檀家寺の龍珠寺門前に、
   つややかな葉を伴って、
   椿の花が、咲いていました。
   その姿が、
   まるでスポットライトがあたっているように、
   その場だけがあでやかでしたので、
   思わず写メいたしました。

   ここのお寺のいわれを、お寺さんから
   伺ったことがあります。

   歴史をさかのぼること400年以上です。
   織田の侍たちが、
   盗賊化して掠奪を繰り返している昔、
   たまたま通りがかったお坊さまを、襲いました。
   そのお坊さまは、南溟禅師という方です。
   「私は金目の物は何もないが、知恵がある。私を売ればきっと金になるぞ」と言うので、
   侍たちは、お坊さまを生け捕りにして、信長の前に連れて行きました。
   信長は、
   「なんと大ボラをふく坊主だ!」と、お坊さまを竹のカゴに入れて
   道々「物知りはいらぬか〜?ほらふき坊主はいらんか〜?」と売り歩き、
   とうとう、熱田までやってきました。
   その話を聞きつけた、熱田の一帯を治めていた加藤という武士が、
   お坊さまを憐れんで、一貫文で買い受け、
   早速にお寺を建て、南溟禅師を奉じ、加藤の菩提寺にしたということです。

   なかなか面白い話じゃあ〜ありませんか!!

   そうそうー、この加藤の殿様の子孫が、
   旗屋小学校が出来た時に、子供たちの教育のために!と、
   ピアノ「ヤマハ1号」を寄進しました。
   今も、ピアノは体育館にあると思います、ロウソク台のある古〜いピアノです。

   椿から、先祖も子孫も素晴らしい!というお話でした。一件落着、チャンチャン!




posted by パッサカリア at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

二部構成「青葉」初打ち上げ会

季節限定合唱団「青葉」結成7年目!!にして初の、打ち上げ会を致しました。

P1000430.JPG
  夕方、未成年中心に喫茶店で! 夜、大人中心に居酒屋で!
  歌の好きな「青葉」の仲間が集結しました。

  「青葉」の練習時間では、
  個人的な話も出来ない有り様なので、
  若い子たちの集まりには、
  ひとりひとりの自己紹介も兼ねて
  学校や仕事のことや将来の目標について、
  話をしてみました。 楽しかったね。

P1000435.JPG
  そして大人の部では・・・・・

  下戸の私も、今日は
  ビールをコップに半分ぐらいも飲んで、
  日本酒も3回ほど、なめました。
  お酒はやっぱり苦手だ〜!!

P1000437.JPG
   お酒の席にはあまり縁がないので、
   一体どんな話が良いのか、皆目わかりません。
   
   歯に衣を着せず、
   おひとりおひとりに対する感想や思いを
   こんなふうに見ているよ!って
   素直に、ぶっつけてみました。
   わかってもらえたかしら?


   みんなの今日の笑顔が、来年の「青葉」の源です。
   来年6月第一日曜日、青葉のそよぐ良き日にまた会いましょう〜!!   
posted by パッサカリア at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

ジュリアン

IMG_1061.JPG
  早稲田の正門のすぐそばの、
  黄色い小さな喫茶店の「ジュリアン」は、
  学生たちのたまり場でした。
  恰幅のいいマスターは
  学生たちの兄貴分で、
  みんながたよりにしていました。
  そんな「ジュリアン」で、私も、
  愉快な仲間にたくさん巡り合い、
  人生の進むべき道を模索してきました。

  先日、いつも行く花屋さんで、
  「ジュリアン」という花を見つけたので、懐かしさのあまり即、購入!!
  これまた名前が気に入って毎年植え続けている「ビオラ」と一緒に
  プランターに植え、玄関の真ん前に置きました。
  これからの花のない季節に、
  小さな喫茶店の一杯のコーヒーのように、
  ジュリアンの花は、道行く人の心もそして私の心も温めてくれることでしょう。

  寒い冬に耐えて、春を呼んでおくれ!!


posted by パッサカリア at 15:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

「は」のつく人

P1010067.JPG


  白川ハーモニッククラブの前々期会長の「は」さんが、亡くなったという連絡が入り、
  今日はメンバー全員で黙とうをしました。

  「は」さんは、白川ハーモニックが存続の危機におちいったときに、
  立て直しを図ってくださった中のお一人で、
  白川にとっても、私にとっても、恩人のような人です。

  「は」さんは、話す言葉はフランク永井のような魅力的な低音なのに、
  歌うとカラッキシ音程が悪く、ハッキリ言ってヘッタくそでした。

12121.jpg


  私が、「「は」のつく人っ、チャンとうたってるの?寝てない?」なんて、みんなの前でからかうと、
  「は」の付く人は、他に林さんも早川さんもいっぱいいらっしゃるのに、
  「は」さんだけが、
  ハイ!とか 大丈夫です!とか返事したりするので、
  みんなから笑いが生まれ、随分と練習中の空気がまろやかになりました。

  決して怒らずいつも穏やかな人でした。
  あの魅力的な低音が聞こえないのも、「は」の付く人!!と突っつけないのも、
  とってもとっても悲しい。

P1020305.JPG
  来年4月には、定期演奏会があり、
  これから一回一回の練習が
  気の抜けないものになります。
  今までサンザン
  嫌味を言い続けてきた「は」の付く人に
  「なあ〜んだ先生、大したことないね」と
  草葉の陰からドロドロドロ〜〜〜ンと
  言われぬように、
  気を引き締めて頑張っていかなければ。 


  そしていつか私もあちらの世界に逝った時、
  「けっこう頑張ったんだからね」と、胸をはって言えるようにしなくてはね。
  いっぱいいっぱい、有難うございました。
  
 
posted by パッサカリア at 22:41| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

お姫様ジュース

女性のそのほとんどは、
お姫さまになりたい!と、儚い願いを持って、生きているものなんです。

我がおチビ1号も、例外ではなく
オムツで膨らんだお尻をプリンプリンさせつつも、
ピラピラスカートをはかせてもらった時は、お姫様になりきっております。

P1000398.JPG
  先日、いただき物のジュースを、
  ワイングラスに注いでやりましたところ、
  足のあるグラスがいたく気に入ったのか、
  お姫様スイッチがONになりました。
  うやうやしくグラスを持ちあげ、
  じいじ〜ぃの湯飲み茶わんと乾杯した後、
  チューチューとお飲みあそばしました。

  弱冠2歳と言えども、女は女。
  将来必ずや白馬の王子様に巡り合えますように。
  バアバは祈ります。

  
posted by パッサカリア at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

モデルさん募集

P1010250.JPG
   着物リメイクデザイナーの平野先生の作品を
   我が合唱団のメンバーが着用し、
   お琴の田辺先生・井沢先生と一緒に、
   白鳥庭園のイベント・ファッションショーに
   出演したのは、今年のGWのことでした。

   爽やかな五月晴れの中を、
   軽快なリズムにのる、にわかモデルさんたち。
   みんな美しかった!

   さてさて、来年GWの白鳥庭園イベントの、
   出演依頼がまたきましたので、
   モデルさんを募集いたします。

P1010269.JPG
   年齢・経験は問いません。
   私のブログをご覧の方ならどなたでもOK。
   女性8名・男性2名。
   モデル選出は平野先生がなさいます。
   ただし、
   メッチャクチャ不細工な方と
   メッチャクチャおデブの方は
   ご遠慮ください。

   モデル希望者には、もれなく、
   プロのウォーキング指導がつきます。
   (当然、無料です)

   GW白鳥庭園のイベントで
   モデルさんを希望される方、
   カッコいいとこ見せたい方、
   冥土の土産にチャレンジしたい方、
   わたくしメまでご連絡ください。
   なお募集締め切りは12月いっぱいです。


posted by パッサカリア at 15:30| Comment(0) | アルコバレーノ音楽企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

なごやか音楽祭ドタキャンの訳

「なごやか音楽祭」にご出演されるはずだった≪筝曲・葵の会≫の田辺先生から、
「姉がシカゴで亡くなったから、今から行くので・・・・」と、
キャンセル連絡が入ったのは、なごやか音楽祭まであと10日ほど!でした。

今日、シカゴから戻られた田辺先生から、迷惑をかけました!とお電話をいただき、
お姉さまの死(事故死)について、お話くださいました。
食の安全性について研究し、自分にとって自慢の姉であった!と同時に、
これから、必ずや社会的に必要な人材であったはずだと。悲しくって悔しくってならないと。

アメリカでは、
事故をして人の命を奪っても、飲酒運転や薬物を使って事故を起こしたのでなければ、
運転手も会社も、誤りにすら来ないのだそうです。
国が違うって、こんなに悔しいことがあるんですね。っとおっしゃった。
こんな時、何といって差し上げたらいいのか、言葉がみつからず、
涙を流すことしかできませんでした。

国が違えば、風習や文化が違うのは当たり前ですが、
人の命を奪ったのに、一言の謝罪すらない!というのは、
人間として許されることではないでしょう〜。
命が生まれ出る喜びと、命が消え去る悲しみは、
顔の色や言語が違っても、貧乏人も金持ちも文化の高い低いにかかわらず、
みな同じであるはずなのに。
鬼畜にも劣る。

海外旅行が当たり前の今、外国へ行くのであれば、行く方も、見送るほうも、
事故や事件に巻き込まれた場合の落とし穴があることを、十分認識せねばなりません。

細野ひろみさんのご冥福をお祈りいたします。

     【シカゴ時事】
      米紙シカゴ・トリビューンは23日、日本人の女性准教授がシカゴで21日、
      バスにはねられて死亡したと報じた。
     在シカゴ日本総領事館が確認を急いでいる。
     報道によれば、
      死亡したのは米コーネル大(ニューヨーク州)の細野ひろみ客員准教授(42)。
      観光で訪れていたシカゴで21日午前、美術館に行くために横断歩道を渡っていたところ、
      右折してきたトロリーバスにはねられた。
      細野さんは農業経済が専門で、東大准教授を経てコーネル大に移っていた。

 
posted by パッサカリア at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする